シェアする

1万円以下のコットを比較してみた!

シェアする

吹上浜キャンプ場

吹上浜キャンプ場

キャンプ道具には無くても困らないけれどもとても欲しくなるアイテムがあります。

必ず必要では無いがあれば快適になる、そんなキャンプグッズの代表格に『コット』があるのではないでしょうか?我が家でも今年は導入目標のアイテムの一つです。

そんなコットですが下は2000円台から上は数万円クラスまでいろいろな種類があります。そこで今回はいろいろと物入りなキャンプ初心者の為に1万円以下のコットを比較してみました。

最高の寝心地を約束するコットを出しているメーカーはこちら

キャンプ場で最高の寝心地を約束するコットを出しているメーカー6選
キャンプ場で最高の寝心地を約束してくれる高級コット。コットは数千円程度のものから上は数万円クラスの物まで様々な種類がでています。安い...

1万円以下のコットを比較してみた!

  1. コットはキャンプ用のベッドです
  2. コットの選び方
  3. 一万円以下のコット比較表

コットって何?ってところから選び方、比較表まで作りました。今年はコットデビューをという方にはいいかもしれません。よければよんでみてください。

コットはキャンプ用のベッドです

バンドックのコット

バンドックのコット

はじめてのキャンプ、キャンプデビューという人でコットまで準備する人はまれだと思います。実際我が家でも必要に迫られたことはないので今まで導入をしていませんでした。

まずコットとはアウトドア用のベッドのことです。アウトドアでベットって、どないやねん。と突っ込まれそうですが最近めっちゃ欲しいです。

コットはベットなので地面と背中の間があきます。地べたではないので夏は涼しく、冬は暖かい。お昼からビールを飲んでコットでお昼寝、あこがれます。→買いました。最高です。

詳しくはこちらで。↓

BUNDOK(バンドック)のコットをしばらく使用してみた感想
バンドックのコット。快適な睡眠を求めて当時一番安かったコットを購入しました。このコット価格は安くて物もいいのですが、組立時にかなりパ...

コットがあればいい事は

  • ベッドとしてもベンチとしても使える
  • 寝るときに夏は涼しく、冬は暖かくすごせ快眠が期待できる
  • お昼寝にも最適。ビールを飲んでごろごろ。
  • なんせベテランぽくてかっこいい

と、いい事しかありません。

必ず必要なアイテムかと聞かれるとそうではないですが、あれば快適に過ごせるはずなのでかなり欲しいアイテムです。→買ったほうがいいと思います。

コットの選び方

冬キャンプ

冬キャンプ

コットには2000円台の物からスノーピークの「スノーピークコット ハイテンション」のように4万ほどするアイテムまで幅広くあります。

当然商品のクオリティや睡眠の快適性は値段に比例すると思いますが、最初はいろいろと必要物をそろえないといけないキャンプ初心者には4万円は少しハードルが高い。

そこでコットの選び方でキャンプ初心者が検討するべき点は次の3点かと思います。

  • コットの値段
  • 設営のしやすさ
  • サイズや重さなど

コットの値段

まずはコットの値段。高いものはクオリティもいいとは思いますが、必ずしも必要に迫られて買うアイテムではないのであまり高すぎる物は手を出しにくいです。

我が家では定価で1万円を区切りに検討してみました。

コットはアウトドアメーカー、キャンプメーカーから商品ラインナップされているのですが、一万円以下のコットを出しているメーカーはそれほど多くはありません。13メーカーほど調べたのですが比較的安価なプライスの商品だしている5メーカーほどしか無かったです。

設営のしやすさ

安ければ安いコットほど設営が大変とネット上のレビューでも情報がでています。

調べた感じでは一万円を超えてくると簡単に開くだけで設営できるタイプや上質なものが増えてくるようです。安いコットは足の部分の設営に力が必要という声をよく聞きます。

参考までの僕の持っているコットの設営風景です。

市場にあるすべてのコットをしたわけではないので何ともいえませんが、安いコットは比較的設営に手間がかかり、力が必要というレビューが多いですね。

ドッペルキャンガーさんの動画を見る限りはそれほど大変そうでもないんですけれども。購入しだいレビューいたします。

サイズや重さなど

ベットなので体の大きい方や広いスペースでしか寝れない方などは本体サイズをきっちりチェックしたほうがいいですね。

あとキャンプはどうしても荷物が増えるので収納サイズと重さにも注意したいですね。またコットは高さもあります。

テント内で使う場合は天井が低いテントで背の高いコットを使うと圧迫感が出てしまいます。注意したいですね。

一万円以下のコット比較表は次のページです。

一万円以下のコット比較表

バンドックのコット

バンドックのコット

では具体的にどんなコットがあるのか?ということで色々と調べて比較表にしてみました。

【一万円以下のアウトドアベッド(コット)比較表】

メーカー 商品名 定価(\) 収納サイズcm 本体サイズcm 重さkg 耐加重目安kg アマゾン最安価格
ロゴス コンパクトキャンプベット-N 6156 64.5×8×18 56×183×21 3.4 80 10980
ノースイーグル ストロングスリムキャンプベッド 7236 19×15×100 190×64×43 8 100 売切れ
アルミGIベッド 7020 94×20×10 190×66×42 5.9 100 4584
キャプテンスタッグ CSフォールディングベッド 10260 55×66×8 56×182×25 3.7 80 3718
ドッペルギャンガー ウルトラクールキャンピングベッド 8532 80×20×4 190×77×19 5 100 5533
ワイドキャンピングベッド 8100 80×20×4 190×77×19 4.6 100 5640
ハイランダー イージーキャンプベッド 2480 23.5×94×47.5 190×61×40 5.5 80 売切れ
アルミGIコット 6980 95×15×15 190×66×42 5.7 100 6980

※アマゾン最安価格については2018年10月時点の価格です。あくまで相場をつかむためのものとしてみてくださいね。

ロゴスのコンパクトキャンプベットは2年近くで実売価格が6千円台から10000円オーバーになっていました。。。

公式ページはこちらです。
【アウトドア&スポーツ ナチュラム】

価格だけでなら選ぶならハイランダーのイージーキャンプベッド一択ですね。

→残念ながら2018年9月現在では売切れのようです。。。


サイズ的にはドッペルギャンガーアウトドアが一番ですね。

長さ幅ともにこのクラスのコットでは一番大きく、高さは低い。テントの中でも圧迫しないので最高ですね。あとはデザインの好みもあると思うので色々見てみてくださいね。

一万円以下のコットなら

コストだけで選ぶなら「キャプテンスタッグ CSフォールディングベット」

サイズで選ぶなら「ドッペルギャンガー ワイドキャンピングベッド」

がよさそう。

あくまで定価一万円以下くらいのアイテムで比較した結果です。色々調べてみて本当にクオリティのよさそうなコットは一万円以上のアイテムが多いです。

みなさんもお気に入りのコットを是非見つけてくださいね。

それではよいキャンプライフを!!!

心地のよい寝袋の選び方はこちらをご覧ください。

寝袋(シュラフ)の選び方
キャンプ場でうまい酒を飲んだら、あとは寝るだけ。疲れた体を包み込むシュラフの重要性は言うまでもありません。 でも初心者キャンパ...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする