シェアする

ファイアスタンドを比較

シェアする

ファイアスタンド

ファイアスタンド

手軽に焚き火を楽しみたい人におすすめのファイアスタンド。ユニフレームのファイアスタンドを筆頭に各社いろいろ出ています。そこで今通販で買えるファイアスタンドを徹底比較していきたいと思います。ほんとは直火が一番いいんですけどね~。

ファイアスタンドを徹底比較

焚き火台の中でも手軽に焚き火を楽しめるファイアスタンドを比較しました。ここでいうファイアスタンドとはメッシュタイプの焼き場に数本の足で簡単に使えるタイプのものです。

こういうタイプ↓

ファイアスタンド

ファイアスタンド

手軽に焚き火をキャンプに取り入れるには最高のアイテムなのでどれを買おうか迷っている自分自身の為にファイヤスタンドを比較してみました。僕と同じように迷われている人は参考にしてみてください。

ファイアスタンドと焚火台の違いはこちらをご覧ください。

ファイアスタンドと焚き火台の違いを比較
キャンプでの最高のひと時に焚き火を眺めながらリラックスする時間があります。冬キャンプでの暖房器具として考えても焚き火は強力です。そこ...

一般的な焚火台に関してはこちらをごらんください。

焚き火台を比較したよ
『焚き火』。静かな夜にお酒を飲んでまどろみながら焚き火の炎をぼぉ~っと眺めているとすごく落ち着き、なんかゆったりした気分になります。...

それでは早速!

ユニフレームのファイアスタンドⅡ

全ての基本になるユニフレームのファイアスタンドⅡです。いろいろ安いタイプも出ていますが全てユニフレームの廉価版なんじゃないかと思っています。勝手な想像ですけど。

価格は6000円台と一般的な焚き火台と変わらないレベル。廉価版が数多く出ている中でこの6000円という価格とユニフレームブランドの安心感をどう考えるかですね。

kaliliのファイアスタンド

1970円で送料込み(アマゾンプライム2016年11月29日現在)です。多分アマゾンで最安価格なんじゃないかな~。

基本的には勝手な推測ですが、ユニフレのファイアスタンドの廉価版だとは思います。でもこの圧倒的な価格差はどう捉えるべきか。レビューも好評なのでこの商品で十分なのかも。

NOMADE(ノマド)のファイアスタンド

こちらも2000円台前半と格安。特徴としては交換メッシュシートも1390円で販売しているので長く使える安心感がありますね。

本体と交換メッシュシートを2枚予備で買っても6000円未満というのが魅力的。

アマゾンのカスタマーレビューも非常にいい評価ばかりなので安心かも。

ZAFIELDのファイアースタンド

3000円弱と少し値段が上がるこちらの商品。ZAFIELDのファイアースタンドです。ZAFIERDはヘリノックスチェアの廉価版も出していますね。廉価版がとくいなのかな?

5000円以下で買えるHelinox(ヘリノックス)みたいなコンパクトチェア5選
Helinox(ヘリノックス)に代表されるアウトドア用のコンパクトチェア。軽くて、コンパクト、座り心地も最高ということで大人気です。...

ファイアスタンドに話を戻すとkaliliやノマドの廉価版との違いがイマイチ判りません。廉価版の高級モデル的位置付け?僕は買わないですね。

MONORAL(モノラル)のWireflame(ワイヤフレーム)

これすごいですね。MONORALのWireflameという商品で、ファイアスタンドというよりは調理もできる完全な焚火台です。

何がすごいって焚き火耐熱クロスっていう布の上で焚火するんです!なんか画期的!どうしても布の上で焚火をしないといけない意味は分かりませんが、その拘りに乾杯です。

一般的なファイアスタンドのような焚火メッシュも別売りで販売されています。まあこの商品を選ぶなら布で行かないとスタイル的にどうかと思いますが。

ファイアスタンドの特徴であるスピーディーな設営撤収、軽量コンパクト性などは残しながら、本体の四隅にアタッチメント機能を持たせ、網の設置や五徳の設置ができるという優れモノです。別売りですが五徳アタッチメントを準備すれば調理もかなり幅が広がります。

すでに簡易ファイアスタンドではないですね、これは。

価格は張りますがオシャレなキャンプスタイルにこだわる人にはいいかもしれませんね。僕はちょっと手が出ないけど。

ファイアスタンドのスペック一覧表

ファイアスタンドに関してはユニフレの廉価版がたくさん出回っていますが今回あげたものより少しずつ高い商品や特徴のない商品ばかりです。

なのでとりあえず今回は5型のスペックを一覧します。

メーカー 商品名 使用サイズ 収納サイズ 重量 販売価格 シート材質 スタンド材質
ユニフレーム ファイアスタンドⅡ 400×400×330 φ60×570 490 6000 特殊耐熱鋼FCHW2 ステンレス鋼
kalili

ファイアスタンド

415×415×300 φ60×650 900 1970 特殊耐熱鋼 ステンレス鋼
NOMADO

ファイアスタンド

415×415×320 φ70×640 880 2030 特殊耐熱鋼FCHW2 ステンレス鋼
ZAFIELD

ファイアスタンド

400×400×320 長さ650 900 2980 特殊耐熱鋼 ステンレス鋼
MONORAL Wireflame 360×360×280 φ90×370 980 18144 特殊耐熱クロス ステンレス

販売価格は2016年11月29日のアマゾン参照。kalili、NOMADO、ZAFIELDは商品名が不明の為ファイアスタンドで統一。

改めてスペック比較すると廉価版、ほとんど特徴無いですね・・・。MONORALは簡単なファイアスタンドと比べるといろいろ圧倒的すぎるので別格として。

まとめ

結局どれを買うべきか・・・。

う~ん。大きな選択肢としては保守本流のユニフレーム、ファイアスタンド2かその廉価版か変わり種のMONORALにいくかの3つですね。

僕は予算の都合で廉価版。そうなると実質は意味なく千円高いZAFIELDはパス。一番安いkaliliかほんの少し高いけど交換メッシュも販売しているNOMADOかの2択ですね。

こう考えると交換メッシュも販売しているNOMADOが一押しかな~。まあkaliliにもNOMADOのメッシュを使えるのかもしれないですが意味のない冒険をしても仕方がないので。

ということで僕はの勝手な一押し、

ファイアスタンドはNOMADOのファイアスタンドを買うべし

早速購入すると思うのでまた使用感はレビュー致します。

それでは皆様楽しいキャンプライフを!