シェアする

直火にかけれるマグカップ19選

シェアする

直火 マグ

直火 マグ

キャンプ用のマグカップを選ぶ際の大きな判断材料の一つに直火に掛けれるかどうかがあります。ぼくはここを重視してマグカップをさがしていました。

そこで直火に掛けれるマグカップをいろいろ調べたのでまとめておきます。基本シングルタイプの情報しか載せていません。

直火OKのマグカップはこれだ

直火なのでダブル構造のマグカップは当然NGです。シングル構造のマグカップで飲むときに口を付けた部分が熱くならないチタン素材がよかったのですが、結構種類がありました。

いろいろ調べたので一つ一つ見ていきますね。

スノーピークのマグカップ

スノーピーク(snow peak) チタンシングルマグ 300 フォールディングハンドル MG-042FHR

メーカーホームページによるとスノーピークのシングルウォールマグカップは2016年10月現在5種類でています。ステンレス1型、チタンノ容量違いが4型です。

チタンのシングルマグにはすべてフォールディングハンドル(折りたためる持ち手)がついているのでコンパクトに収納可能です。

ステンレス型はハンドル固定式ですがその分650円(税別)とお安くなっています。

EPIのマグカップ

EPI(イーピーアイ) アルパインマグカップ L C-5104

EPIgasからはアルミ製のアルパインマグ2型とシングルチタン製のマグ3型でています。僕はマグカップに関しては個々の商品が好きですね。考えられていると思います。

アルミマグに関しては火にかけると熱くなるので口元と持ち手に断熱材が使用されています。こういう消費者目線好きです。唇ヤケドしちゃうんでね。

またチタンマグに関しても公式ページではカバー(蓋)とセットで掲載されています。もちろん別々で買えるのですが、キャンプ用マグは野外で使うものなのでカバーという考え方が好きです。

キャプテンスタッグのマグカップ

キャプテンスタッグ チタン製スタッキングマグカップ230ml M-9084

キャプテンスタッグはステンレス、チタンと合わせると何十種類もマグカップがリリースされています。なのでチタンだけにフォーカスします。

キャプスタのチタン製マグはビアジョッキタイプ2型、スタッキングマグが1型です。

取っ手は固定タイプなので少しイマイチ。あとメーカー公式ページにシングルかダブル化の記載がない。。。見た目はシングルっぽいけどう~ん・・・。という感じです。僕これ持ってないんで。

EVERNEW(エバニュー)のマグカップ

エバニュー(EVERNEW) チタンマグカップ 400FH EBY267

エバニューのマグカップはハンドル固定タイプが2型、ハンドル折りたたみタイプが2型です。

ハンドル折りたたみタイプには断熱材がついているので安心ですね。

MSRのマグカップ

MSR チタン製マグカップ 39160 【日本正規品】

チタン製のマグカップが1型。シンプルなデザインですね。ハンドルは収納できるタイプで容量も400mlと十分。でもシンプルな割に少し高いような・・・。

シングルウォールマグカップ19種類のスペック一覧表

アウトドア コーヒー

アウトドア コーヒー

メーカー 商品名 容量ml 重量g 素材 値段 ハンドルタイプ 備考
スノーピーク ステンレスマグカップ 300 94 ステンレス 650 固定式
チタンシングルマグ220ml 220 55 チタン 1630 折り畳み式
チタンシングルマグ300ml 300 67 チタン 1730 折り畳み式
チタンシングルマグ450ml 450 70 チタン 2030 折り畳み式
チタンシングルマグ600ml 600 80 チタン 2530 折り畳み式
EPI アルパインマグL 360 65 アルミニウム 1000 固定式 縁と持ち手に断熱材
アルパインマグM 300 59 アルミニウム 900 固定式 縁と持ち手に断熱材
シングルチタンマグ 330 56 チタニウム 2400 折り畳み式 メッシュケース付き、カバー別売1600円
シングルチタンマグカバーセット 330 56 チタニウム 3000 折り畳み式 メッシュケース付き
シングルチタンマグ カバーセット400 400 61 チタニウム 3100 折り畳み式 メッシュケース付き、400サイズはカバーセットのみ販売
シングルチタンマグ カバーセット500 500 70 チタニウム 3500 折り畳み式 メッシュケース付き、500サイズはカバーセットのみ販売
キャプテンスタッグ チタン製スタッキングマグカップ230ml 230 28 チタニウム 3000 固定式 シングルかダブルかの記載がメーカーHPにないので注意
チタン製ビアジョッキ440ml 440 60 チタニウム 3800 固定式
チタン製ビアジョッキ600ml 600 65 チタニウム 5500 固定式
エバニュー チタンマグカップ300 300 59 チタニウム 1900 固定式
チタンマグカップ400 380 67 チタニウム 2000 固定式
チタンマグカップ300FHRED 300 59 チタニウム 2200 折り畳み式 ハンドル断熱材
チタンマグカップ400FHRED 400 67 チタニウム 2300 折り畳み式 ハンドル断熱材
MSR チタン製マグカップ 400 50 チタン 5600 折り畳み式

全部で19種類ですね。いろいろあるな~。

並べて比較してみると高級なイメージのあるスノーピークがマグカップに関しては一番お手頃価格の商品をリリースしていますね。これは意外でした!

で、結局どれが一番買いなのか

火に直接かけるのでチタン素材が第一希望。

MSRは少し高すぎる。キャプスタはシングルか定かではないので却下。残るはスノーピークかEPIかエバニュー。

300MLクラスで考えるとカバーセットならEPI、ハンドル断熱のエバニュー、価格重視でド定番のスノーピークという感じですね。

でもやっぱりコストとブランド力と製品の価値のバランスを考えると僕はこれです。

ちょっと定番すぎて面白くないけど・・・。

皆様もご自身のスタイルに合ったマグカップをお探しください!

それでは皆様楽しいキャンプライフを!