シェアする

キャンプでハンマーが折れた時に考えた5つの対処法

シェアする

キャンプでハンマーが折れた
キャンプでハンマーが折れた

初めてではないですが、予備が無かったのは初めてでした。。。

そうです。ハンマーがキャンプ中に折れました。そして、予備が無かった。。

そこで改めてキャンプでハンマーが折れた時の対処法を考えましたので忘れないようにアップしておきます。それでは早速!

ハンマーは稀に破損する。その後どうするかが肝心だ

キャンプでハンマーが折れる
キャンプでハンマーが折れる

僕は今までキャンプ用に3種類のハンマーを使ってきました。テントについている付属のハンマーが2種類とロゴスのハンマーペグセットのハンマー。

テントに付属しているハンマーはやはり少し強度が弱く、結局2つとも破損してしまいました。そして今回ロゴスのハンマーも残念ながら破損。。。

僕の扱いが悪いのかハンマーを荒っぽく扱いすぎて破損させてしまっているようです。

そこでどんな時にハンパーが折れたのか、ハンマーが折れたらどうするのかをまとめました。

どんな時にハンマーは折れるのか

どんな時にハンマーは折れるのか
どんな時にハンマーは折れるのか

キャンプ用のハンマーを3本破損させてしまった僕の経験では、シンプルに

強く叩きすぎ

これに尽きると思います。

今回破損させてしまったハンマーもペグがうまく入らず強引に強く打ち込んで破損させてしまいました。

ちなみに僕が破損させたハンマーはこれです。

ハンマーとペグセットで1000円以下という驚異の価格のこのハンマー。さすがロゴスさん。

僕はこのハンマーが非常に気に入ってここ数年はメインで使っていました。

ABS製で非常に軽く子供でも扱いやすいこと。その割にしっかりペグダウンできることが非常に気に入っていました。

ロゴスのABSペグ・ハンマーセットをゲット!
みなさま、突然ですがペグ、なくなりませんか?注意をしているつもりなのですがどうしてもペグがなくなったり折れたりすることがあります。 ...

セカンドハンマーとしてまた購入するかもしれません。

とにかくハンマーを破損させてしまった僕の教訓としてペグが入らなかったら場所を変える。これに尽きると思います。

破損しにくいハンマーとは

鉄製のハンマー
鉄製のハンマー

やはり大きめの鉄の重たいハンマーが一番破損しにくいかと思います。

価格もそれほど高くないので購入してみようかなー。

今回のキャンプは予備ハンマーなしの状態での破損でしたので一瞬は途方にくれました。そこで僕が考えた対処法と実際に取った行動を書いておきます。

対処法1、ハンマーがないので大きめの石を探す

キャンプ場の石
キャンプ場の石

まずはハンマーが折れた瞬間に大きな石がないか考えました。キャンプ場なのですぐ見つかるかもと考えたのですが、意外とありませんでした。

しっかりと探せばあるかもしれませんが、周りになかったので諦めました。。

対処法2、足で踏んでペグダウン

一応試しに踏んで見たのですが、まったく刺さらないどころか足がめちゃくちゃ痛いので諦めました。

ちなみのこの時僕ビーチサンダルでした。。。

対処法3、受付に借りに行く

タロリン村の受付
タロリン村の受付

次に考えたのは借りること。受付に行けばハンマーを貸していただけるのではないかと考えました。

多分キャンプ場の受付なら借りれる気がする。僕は他の方法で解決したので受付では借りませんでしたけどね。

対処法4、買いに行く

ホームセンター
ホームセンター

僕はこの時点でホームセンターが近くにあったことを思い出し、ハンマーを購入することにしました。

そしてとっても安いゴムハンマーをゲット!

やはりキャンプ場に行く際には近隣のスーパーとホームセンターは押させえておいたほうがいいですね。

対処法5、他のキャンパーに借りる

鉄製ハンマー
鉄製ハンマー

僕の苦境を見ていた知らないキャンパーの方が話しかけてくれて鉄製のハンマーを貸してくれました。

あの時ハンマーを貸していただいたキャンパーの方、ありがとうございます!

いや〜キャンプは助け合いの精神が大事ですね。僕も誰かが困っていたら役に立ちたいと思いました。

結局お借りしたハンマーである程度設営し、一応ホームセンターで新しく購入するという方法で今回の苦境を乗り切りました。

いやー本当に良かった。

まとめ、今回得た教訓

キャンプ用ハンマー
キャンプ用ハンマー

今回は思わぬハプニングでした。ただしある程度は予防できるものでもあります。教訓を今後に生かすためにまとめておきます。

  • 設営するまでお酒は飲まない
  • ハンマーは予備を準備しておく
  • いざという時のホームセンターの場所を確認
  • ペグダウンしにくい時はペグを打つ場所を変える
  • 強く叩きすぎない

教訓は以上です。

これさえ守ればハンマー破損で困ることはないと思います。皆様も気をつけてくださいね。

それでは皆さま、楽しいキャンプライフを!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする