シェアする

ハンギングドライネットを比較

シェアする

ハンギングドライネット
ハンギングドライネット

ハンギングドライネット。食器を乾かしたりするキャンプグッズとして使われるアイテムです。

あったら便利だろうけどなくても大丈夫とおもっていたので今まであまり気にしていませんでした。

でも使い捨ての食器を完全にやめてキャンプでの洗い物が増えたので欲しい!ということで購入いたしました。とっても便利でオススメですよ。

IKEAの食器とドライネットのコンビはファミリーキャンプで大活躍です。よろしければ食器の記事もご覧ください。

IKEAのプラスチック食器KALASシリーズがキャンプに最高な4つの理由
キャンプの持ち物 キャンプで使うお皿やコップ、紙皿や紙コップを使っていませんか?我が家も昔はそうだったのですが最近ではIKEAのプラ...

キャンプ用のドライネットを比較

値段も高くても2000円程度ですし、スペックというほどのものもないからコールマンのドライハンギングネットでいいかなと思ったのですが一応調べました。

趣味なので。そしたらドライネットにも結構いろいろありました。それでは早速!今から購入される方の参考になればと思います。

コールマンのハンギングドライネット2

created by Rinker
コールマン(Coleman)
¥1,427 (2020/12/01 03:02:09時点 Amazon調べ-詳細)

コールマンのハンギングドライネット2です。カラーはグリーンとブルーの2色展開。

値段は1500円くらいで標準的ですね。ブランドバリューがやや落ちるところは1000円以下、特殊な機能をもっているものは高い値段とな~んとなくコールマンが基準になっているような気がします。

このハンギングドライネット2はポップアップ式です。車のサンシェードとかにあるやつですね。

慣れれば問題ないんでしょうけどねじって片付けるのが面倒くさそう。あとこちらの商品は収納ケース付きです。

尾上製作所の干しかご35

created by Rinker
尾上製作所(ONOE)
¥900 (2020/12/01 03:02:10時点 Amazon調べ-詳細)

700円台くらいで流通されていて安いのでよく売れていそうです。この干しかごシリーズは40、45と大きめのサイズも発売されています。

また1段の30、2段の25など違う仕様の商品も出ています。ちなみに値段はほとんど変わりません。

まあ35cmで3段あれば十分ですけどね。大家族の人は大きめで。

ポップアップ式ではないので小さくなあまりならないですね。35×35cmはかわらずペッタンコになるだけですね。

あと地味というか少しダサいのが・・・。ちなみの僕はコールマンと尾上の35を使用して尾上でいいかな〜という結論です。

BUNDOKのFD ドライネット BD-303

見た目もはコールマン、でも値段は安いって感じの商品です。緑でポップアップ式っぽいのでね。でもまあネットだったら嫌でなければこれで十分かも・・・。

ちなみにポップアップ式でなさそうなところとケースがついていないところがコールマンとの違いかも。

キャプテンスタッグの燻製 干しかご25×25cm

created by Rinker
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)
¥712 (2020/12/01 03:02:15時点 Amazon調べ-詳細)

ちいさめのドライネットを探しているのならこれです。ほかのドライネットに比べて一回り小さいですよ。2人くらいなら最適かもしれないですね。

値段も1000円程で比較的安め。でもファミリーキャンプではちょっと小さいな~。このスクエアタイプなら尾上でいいかな〜。

ロゴスのスタンディングドライネット

created by Rinker
ロゴス(LOGOS)
¥4,070 (2020/12/01 03:02:12時点 Amazon調べ-詳細)

さすがロゴス。焚き火台を調べた時も思ったのですが、商品企画が大衆に媚びてないですね。

ドライネットが吊り下げるだけと誰が決めた!といいたそうな自立式のドライネットです。

もちろん吊り下げも可能です。4000円台ですが自立式機能がついているのはこれだけなのでそこを求める人にはドンズバの商品ですね。

ハンギングドライネットのスペック比較

5メーカーからピックアップした商品を比較しています。

メーカー商品名価格本体サイズ収納サイズ備考
コールマンハンギングドライネット1427約∅32×80(h)cm約∅15×8(h)cmポップアップ式
尾上製作所干しかご 35799350×350×600㎜350×350×35㎜サイズ多数あり
BUNDOKFDドライネット1036約370×370×750mm約170×170×50mmポップアップ式
キャプテンスタッグ燻製干しかご 25×25cm999250×250×高さ450mm250x250x高さ35mm小さめ
ロゴススタンディングドライネット407036×36×60cm37×37×1.5cm自立可能

※価格は2020年5月5日現在のアマゾンの販売価格を参照しています。

まとめ、結局どれ買えばいいの

定番でバランスがいいのがコールマン、安いのが尾上製作所、小さいのがキャプスタ、自立のロゴスという選択肢かな。

僕はサイズ的には普通(35cmくらい)でよくて収納サイズは車なんで小さくならなくてもいいという条件なので尾上の干しかご35cmにしました。

レビューしてますのでよろしければご覧ください。

ハンギングドライネットなら尾上製作所(oneo)の干しかご35がおすすめ
燻製の乾燥 キャンプでのお皿やコップ、最初は使い捨てのものを使っていましたがキャンプすることが多くなりプラスチック製の容器を購入して...

皆様もそれぞれのスタイルに合ったドライネットを探してみてくださいね。

それでは皆様楽しいキャンプライフを!

ドライネットをひっかけるランタンスタンドはこちら!

ランタンスタンドを比較
ランタンスタンド ランタンをテーブルの上に置いていませんか? ランタンは高いところから照らすことによってそのポテンシャルを発揮...