シェアする

初心者にお薦めのガスバーナーがイワタニジュニアガスバーナーCB-JOB-3である3つの理由

シェアする

スモークウッド

スモークウッド

もし何かひとつおすすめのガスバーナーを教えてって言われたら即答します。イワタニ ジュニアガスバーナーCB-JRB-3」。どんなところがおすすめかというと安くて小さくて使いやすいんです。

ほんとにそれに尽きるので少し乱暴になってしまいましたが、間違いなくイチオシです。

初心者におすすめのガスバーナーがイワタニジュニアガスバーナーCB-JOB-3である3つの理由

どんなガスバーナーを選ぶか

初心者らしく他社と比較して自分の使用状況を考えていろいろ検討しました。

  • 初心者なので当然初めての購入。コストは安いほうがいい
  • 厳冬期の極寒キャンプや山岳登山など極限状態での使用は考えていない。むしろキャンプサイトのみ。
  • サイズは小さいほうがいいが基本クルマ移動なのでそこまでこだわらない。
  • 使い方に自信がないので安心感重視。なので無名の激安品は除外

こんなところです。ではなぜイワタニジュニアガスバーナーかですが、

1、とりあえず安い

初心者キャンパーにとっては十分な機能性もちながら、本体、燃料共にコストパフォーマンスがいいんです。まずは本体を考えてみます。

大好きな【アウトドア&スポーツ ナチュラム】さんで購入した時に確か3000円ちょいくらいだったと思います。AMAZONなどで見ても3500円くらいまでで販売されています。

これが例えばSOTOのレギュレーターストーブ ST-310であれば5000円前後、スノーピークのギガパワーストーブであれば4500円程度。

Coleman(コールマン) パルテノンストーブでだいたい3700円前後、ユニフレ ミニバーナー US-700で5000円弱とバーナー本体としての価格も非常に魅力的です。

ガスバーナーの燃料種類と特徴

ちょっとお勉強ですがキャンプの用のガスバーナーの燃料には2種類あります。

  • CB缶(カセットボンベ)
  • OD缶(アウトドア用ガス缶)

の2種類です。

アウトドア用ガス、OD缶の比較
ガスランタンやガスバーナーはキャンプでの花形アイテムの一つ。どのメーカーのアイテムを選ぶか迷うところだと思います。 そこで選ぶ際に重要...

CB缶のメリット、デメリット

イワタニ カセットガス オレンジ 3本組 CB-250-OR

メリット

  • スーパーなどに売っているカセットボンベでコストが
  • スーパーでもホームセンターでも手に入りやすいです。
  • 家のカセットコンロにも使える。

デメリット

  • 厳冬期など気温が下がるとつかない現象が起こるとのこと。
  • キャンプっぽい雰囲気がOD缶に比べ少し少ない。

OD缶のメリット、デメリット

メリット

  • キャンプ用のため厳冬期なども使える
  • いかにもキャンプな雰囲気
  • OD缶を使うキャンプ道具が多い

デメリット

  • コストが高い
  • スーパーやコンビニで手に入りにくい

非推奨ですがコストの高いガス燃料を節約する方法はこちらです。

非推奨!ガスボンベ代を節約!CB缶からOD缶へガスを充填する道具はこれだ!
ガスボンベ代を節約!CB缶からOD缶へガスを充填する道具を発見しました。 キャンプに行きたいから節約したい。節約してまたキャンプに行き...


これらのガスバーナー燃料の勉強をした後にイワタニジュニアガスバーナーの燃料を確認してみたら。。。。。

イワタニジュニアガスバーナーの燃料はCB缶

最高やないですか〜。コストも安いし手に入りやすいし!!!!そもそも真冬のキャンプとかちょっとハードル高すぎて初心者には厳しいし。

ということでコスパ面ではイワタニジュニアガスバーナーCB-JOB-3がまず勝利。

ちなみに厳冬期が厳しいということだが外気温5℃くらいの野外でチゲ鍋をした時十分使えたのでそこまでは問題ないかと思います。

冬キャンプでチゲ鍋

冬キャンプでチゲ鍋

冬のソロキャンプは簡単チゲ鍋で決まり!
寒い冬キャンプはチゲ鍋でしょ。っても思っている僕です。先日丸山県民サンビーチキャンプ上にソロキャンプに出かけたのですが、そこでもやっ...

2、そこそこ小さい

次にサイズの問題ですがそこそこ小さいです。漠然としてますが本当にそこそこ小さいんです。台座部分と五徳部分をたたむとコッヘルの中に入るかもくらいの大きさです。

イワタニジュニア2

メーカー公式スペックは

本体サイズ:86×76×114mm (収納時)、155×155×126mm (使用時)
商品重量:265g

とのこと。

ボンベを装着して安定させるタイプです。クルマ移動のファミリーキャンパーには十分な小ささです。逆にこれ以上の携帯性を求めてコストが上がるのは本末転倒。

カセットコンロよりは、はるかに小さいのでこれで十分かなと思っています。

昔のモデルのケースはオレンジ色だったのですが現在は黒というかグレーっぽい色に変わっています。↓

イワタニジュニア3

3、安心の岩谷産業製

CB缶仕様でコストが安いジュニアバーナーを探していたのですが、ネットで見ていると無名のよく分からない激安商品があります。

でも火気を取り扱う商品ですのでやはり実績のない商品は不安が残ります。

岩谷産業はLPガス、カセットこんろを中心としたエネルギー事業を行う老舗の大手企業です。当然この分野の商品には実績も豊富で初心者的には非常に安心材料になったところです。

その中でもイワタニジュニアバーナーCB-JRB-3はアマゾンやキャンプ専門サイトの【アウトドア&スポーツ ナチュラム】でもレビューが多く、生の消費者の声が聞けます。

まとめ

初心者の初購入バーナーはイワタニジュニアバーナーCB-JRB-3で決まりの理由。

  • 本体コストが安い。
  • 燃料がCB缶。
  • 厳冬期や本格登山では使わない。
  • 5℃前後くらいなら使用可能だった(経験済み)。
  • 岩谷産業製品なので安心。市場でもよく売れている。

そんなところです。

コストの安いCB缶を使ったガスランタンもあります。ガスランタンの比較はこちらをご覧下さい。

ガスランタンを比較【2019年版】
虫の寄らないランタンキャンプでランタンといえば本格派のガソリン、比較的扱いやすいガス、安全性重視のLEDの3つが主なカテゴリーだと思...