シェアする

スノーピークのマナイタセットを衝動買い

シェアする

スノーピークまな板セット

スノーピークまな板セット

先日猪名川にある大野アルプスランドに冬キャンプしてきたのですが、その道中に好日山荘の看板が!キャンプ好きとしてはこの看板を見てスルーするわけにはいかないということで立ち寄りました。

兵庫県の無料キャンプ場 大野アルプランドキャンプ場を徹底レビュー
いってきました。大野アルプスランドキャンプ場。気になる無料キャンプ場だったのですが、なかなか情報が少なくて行けずじまいでした。 ...

相棒と二人での冬キャンだったのですが、その相棒が突然、「俺、まな板買うわ」と言い出しました。ということでスノーピークのマナイタセットを実際に使ったのでレビューしますね。

スノーピークのマナイタセットMをレビュー

スノーピークのまな板

スノーピークのまな板

スノーピークのマナイタセットは大きさが2種類。MサイズとLサイズがあるようです。そのうち僕の相棒が買ったのはMサイズ。Mサイズとは言っても十分使える大きさでしたよ。

スノーピークのマナイタセットMのスペック

スノーピークのマナイタセット

スノーピークのマナイタセット

どこまで本気で調理するかの問題はありますがマナイタMセットでも充分なサイズ感です。写真は一般的な4枚切り食パンと並べた感じです。サイズの感覚をつかんでもらえれば。

正式なスペックはこんな感じです。

メーカー スノーピーク
商品名 マナイタセットM
使用サイズ 256mm×200mm×34mm
収納サイズ 256mm×100mm×34mm
重量 470g
本体材質 天然木、ステンレス、ゴム
包丁材質 ステンレス、プラスチック
定価 3450円(税別)

収納時は真ん中の部分で折れ曲がって半分のサイズになります。

マナイタセット

マナイタセット収納時には包丁をマナイタの裏に収納することができます。安全に持ち運びがしやすいアイテムですね。

実際に使ってみた感想は?

スノピのまな板

スノピのまな板

まな板、包丁を実際使ってみた感想です。

まずはまな板

実際使ってみてどうだったかというと、まず256mm×200mmという大きさ、意外に十分な大きさでした。白菜一玉をチゲ鍋ようにザクザク切る時にもベーコンを厚切りにカットするのも十分な大きさでした。結論、

まな板の大きさはこれでも十分

次は包丁

で包丁のほうはというと、普段使っている包丁がイマイチなだけかもしれませんが、非常に切れ味鋭く感じましたよ。まあ切りにくいものは切ってないですけどね。つまり、

包丁の切れ味も十分

まな板と包丁のセットとしては持ち運びがしやすいサイズで、大きさ切れ味とも十分、いうことはないのではないでしょうか。

天然木が暖かい

あと意外な効果を感じたのは材質です。このまな板セットは天然木が材料なのですが、これが百均などに売っている安いまな板と違ってなんとなく木の温かみを感じます。

マナイタセット

マナイタセット

朝食の厚切りベーコンエッグサンドも美味しそうに出来上がります。

全体的にこのマナイタセットは大正解だったと思います!

スノピのマナイタセットの悪いところはないのか?

正直あまり思い浮かばないのですが、あえて言えば

  • これよりも安いマナイタセットも探せば売っている
  • 天然木の素材なのでカビが気になる

以上の2点でしょうか。

まずは安いマナイタセット

安いマナイタセットも実際に売っています。

キャプテンスタッグのまな板セットなどはかなり安いです。天然木の素材を気にしないのであればこのセットでも十分かもしれませんね。あとは包丁の切れ味、これは実際に使っていないのでなんとも言えません。

カビなどのアフターケアが気になる

一番気になるのはこの部分でしょうか。しっかり洗って乾かせば問題ないとは思うのですが、なんせ天然木の素材なので保管状態などは気にしておかないといけないですね。

そう考えると抗菌素材のまな板のセットがいいのかも。これは考え方ですね。僕は実際に使用して野菜などを切っている時の木の温かみが良かったので、次買うとしても木の素材のアイテムを多分買うと思います。

まとめ

マナイタセット

マナイタセット

衝動買いで相棒が急遽購入したマナイタセットですが結構良かったです。

もしキッチン周りのキャンプ道具が全くないのであれば、オススメですよ。逆にわざわざ今あるマナイタセットから買い換えるほどの魅力があると正直う〜んとなってしまいます。

ただ次にマナイタセットを購入する際には天然木の素材というキーワードで商品を探すと思います。それが今回の収穫でした。

それでは皆さま、楽しいキャンプライフを!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする