シェアする

3000円以下で買えるトライポッド5選

シェアする

トライポッド

ダッチオーブン

最近気になっているトライポッドですがいろいろ調べていると聞いたことのないメーカーから3000円以下で発売されているものが多くあります。

そこで3000円以下のトライポッドを比較して安さの秘密を探ってみたいと思います。

3000円以下で買えるトライポッド5選

スノーピークのトライポッドが18000円程度、コールマンやロゴスなど有名キャンプメーカーは6000円オーバーの商品の中で3000円以下の値段設定は格安!

そんな廉価版トライポッド5選です。それでは早速!

DUG(ダグ) 焚火缶 トライポッド DG-0104

まずはDUGのトライポッドです。高さが795mm、耐荷重5KGとややコンパクトなスペックですね。AMAZONレビューは比較的好評のようです。

この価格帯としては標準ですがぼくにはちょっと耐荷重が軽いな~。ソロ仕様ならこれくらいで十分かもしれないですけどね。

Lixada 焚き火三脚 焚火台 BBQグリル

2000円以下とかなり格安価格のこの商品。でもあまり評価がよくないような。。。最大の耐荷重は15KGとコールマンなどと同等レベルで謳われているので数値的にはファミリーサイズの大き目な調理器具も吊り下げ可能。

写真を見るからに鎖が細い気がするのは気のせいか・・・。ファミリーキャンプ用のトライポッドとしては万が一のことを考えると少し手が出しにくい商品です、僕は。

ソロで軽めの調理なら対応できそうですし、ランタンスタンドなど想像次第でいろいろ使えそう。安いので試す価値はありかもしれませんね。

hanano 焚火缶 トライポッド 80cm

こちらはhananoのトライポッド。高さ795mmです。耐荷重も5kgとやや控えめ。でも実際の強度を考えると妥当なんだと思う。このサイズのトライポッドはケトルでお湯を沸かしたり小さめの調理器具での調理とソロ仕様のイメージですね。

あと意味がよくわからないですがおまけでスマホスタンドがついているようです。

まあ背の低さについてはホームセンターでポールを買えば足の延長は出来そうです。ポールを延長する手間と部品代を考えると僕は最初から少しいいトライポッドの方がいい気がします。

iimono117 焚火三脚 トライポッド

こちらはiimonoのトライポッド。高さ78cm、耐荷重4.5kgとこのクラスの標準的なスペックです。脚部のパーツを調整することにより高さを3段階に調整可能。

送料がかかるので住むエリアによっては高くなってしまうかもしれないですね。

リトルスワロー トライポッド

リトルスワローのトライポッドです。耐荷重が10kgとこのクラスではややしっかりしていますね。実際のところはユーザーレビューがないので何とも言えませんが。

この価格帯のトライポッドの素材はすべてアルミのような。。。アルミって安いのかな?

スペック比較表

メーカー 商品名 販売価格 使用サイズ 収納サイズ 重量 材質 耐荷重
DUG トライポッド 2400 795mm(H) 60×390mm 423g アルミニウム 5kg
Lixada 焚き火三脚 1908 840mm(H) 340×95×15mm 402g アルミ合金 15kg
hanano 焚火缶 トライポッド 2380 795mm(H) 60×390mm 423g アルミニウム 5kg
iimono 焚火三脚 トライポッド 2150 780×525×263mm 330mm 446g アルミ 4.5kg
リトルスワロー トライポッド 2750 800mm(H) 350mm 450g アルミ合金 10kg

販売価格は2016年12月6日現在のアマゾン参照。商品名は略称を使用しています。

しっかりしたキャンプメーカーの物と3000円以下のトライポッドの違い

しっかりとしたキャンプメーカーが出しているトライポッドと3000円以下のトライポッドの違いが分かってきました。

  • 使用時サイズ(主に高さ)が3000円以下は850mm以下。それに対して有名キャンプメーカーのものは1400mmクラスが主流。
  • 材質が安いものはすべてアルミ。スノピ、コールマン、ロゴスなどのキャンプメーカーはスチール。など素材が違う。
  • 素材が違うので強度が違う。主に耐荷重の部分。有名キャンプメーカーは15~20kgが主流。3000円以下は5kg程度がメイン

焚火台とセットで使用することを考えると850mmではやや低い感があります。ポールを別売りで購入すればそれだけコストがかかります。

また耐荷重5kgくらいでは安心して大き目のタッチオーブンなどを設置できません。

こうなってくると3000円以下のトライポッドは小型ケトルでお湯を沸かす程度の使用方法に限られる気がします。子供たちがいるファミリーキャンプで大型の調理器具を吊り下げるには完全に心許ない。

結論、

ファミリーキャンパーは3000円以下のトライポッドを買う意味がない。

です。

3000円以下のトライポッドの存在を否定しているわけでないですよ。ソロで使うなら十分使えると思います。たぶん・・・。

ぼくは有名メーカーのトライポッドの購入に決めました!またかったらレビューしますね。

トライポッドを比較
トライポッドってご存知ですか?よくダッチオープンを吊るしている三点式の棒です。今まで全く必要性を感じたことがなかったのですが、急に興...

それでは皆様、楽しいキャンプライフを!