シェアする

キャンプで食材を保冷するためのクーラーボックスの使い方と考え方

シェアする

キャンプザウルス 冷えたビール

暑い時期のキャンプでのむ冷たいビールやドリンクは最高です。そこで問題になるのがクーラーボックスの保冷力。ピンからキリまであるのでいろいろと悩むところです。そこで我が家で実践しているクーラーボックスの使い方や考え方、暑い時期の対策をアップしますね。

キャンプで食材を保冷するためのクーラーボックスの使い方と保冷に対する考え方をまとめてみた。

  • クーラーボックスを使う基本的な考え方
  • クーラーボックスの種類
  • 高級なクーラーボックスとお手ごろ価格のクーラーボックス
  • 安いクーラーボックスの暑い季節のキャンプでの使い方

冷たいビールドリンクをおいしく飲むために実践していることをアップしていきますね

クーラーボックスを使う基本的な考え方

氷の写真

夏場のキャンプでは必須アイテムのクーラーボックス。性能の違いによってピンからキリまで色々販売されています。そもそもクーラーボックスを使うのは以下2点のためです。

  1. 肉や生鮮食品が悪くならないように一定の温度保つため
  2. 冷えたビールや飲み物を冷えたまま保冷するため

シンプルに言えば食中毒を防ぎ、冷えたビールを飲むためにクーラーボックスを使います。逆にいうと生鮮食品が悪くならず、ドリンクがヌルくならなければクーラーボックスを使う必要は無いのです。気温が5度程度の冬キャンプなどでは不要ですね。

シンプルで当たり前ですが、これが基本的な考え方です。我が家のクーラーボックスはソフトクーラー2つとハードクーラーボックス1つの合計3つを使い分けていますが、食中毒を防ぎ、冷えたドリンクを飲める温度に保冷できるアイテムをシーンに合わせてチョイスしています。

クーラーボックスの種類

かごで冷やす飲み物

クーラーボックスには大きく分けて3つの種類があります。

  • ハードタイプのクーラーボックス
  • ソフトタイプのクーラーボックス
  • 発泡スチロールのクーラーボックス

以上の3種類です。一つ一つ見ていきますね。

ハードタイプのクーラーボックス

最もポピュラーなクーラーボックスです。メーカーや素材、商品クオリティや容量により値段も数万円のものから千円程度までバリエーションが豊富です。

保冷剤や氷をたっぷり使って、特に保冷が必要なものをギンギンに冷やすためのアイテムと捉えています。

ソフトタイプのクーラーボックス

ソフトタイプの簡易クーラーボックスです。買出しの際の保冷などにも使えます。それほど保冷を必要としないパンやおやつなど米や野菜を入れています。

帰宅時には小さく畳めるので非常に便利です。我が家では毎回キャンプ時に、2つのソフトクーラーを持参します。

ソフトクーターボックスについてはこちらもご覧ください。

ソフトクーラーボックスの購入を検討する
キャンプに必須のアイテムにクーラーボックスがあります。一般的にはハードタイプのクーラーボックスを購入することが多いと思いますが、今日...

またソフトクーラーはそれほど保冷を必要としない冬キャンプでも活躍するので便利ですよ。

発泡スチロールのクーラーボックス

釣具屋などでもよく売っている発泡スチロールの箱です。非常に価格が手ごろでその割になかなかの保冷力です。ハードクーラーがあれば必要ないですね。

夏のデイバーベキューしかしないならこれで十分かもしれません。

クーラーボックスの容量はどれくらい必要なのか?

一泊二日で家族4人のファミリーキャンプであれば

  • ハードクーラー30L程度が一つ
  • ソフトクーラー小さめ 2つ

あれば十分だと思います。

ハードタイプのクーラーボックスでドリンクをガンガン冷やし、生鮮食品も冷やす。ソフトクーラーにそれほど冷やさなくてもいいパンやラーメン、お米など食材を持っていく。これで十分だと思います。

高級なクーラーボックスとお手ごろクーラーボックスの違い、安いクーラーボックスの真夏の使い方などは次のページです。