シェアする

4人までのバーベキューなら七輪がおすすめな理由はこれだ!

シェアする

七輪

バーベキューをしよう!となったらまず「バーベキューコンロ」を選ぶといった方が多いと思います。でもここであえて推していきたいのが「七輪」です。

我が家のキャンプではバーベキューコンロより七輪のほうが圧倒的に出動率が高いです。色々とおすすめな理由はあるのでここに書いていきます。

4人までのバーベキューなら七輪がおすすめな理由はこれだ!

  1. 七輪の種類と特徴
  2. BBQでの七輪のいいところ、だめなところ

先に行ってしまうと4人までのバーベキューなら七輪がおすすめです。これは間違いないです。うちでも10年以上使っていますが完全に筆頭のBBQコンロです。

七輪の種類と特徴

七輪焼肉

七厘には大きく分けると昔ながらの珪藻土(ケイソウド)の素材のものと、セラミック素材のものの2種類があります。珪藻土(ケイソウド)の素材のものの中には、「切り出し」といわれるような高級品もあります。

昔ながらの七輪

焼肉やさんなどにもよくある昔ながらのタイプです。丸い形のものや四角い形のものなど色々ありますが選ぶなら下の写真のような定番でいいでしょう。

「切り出し」といわれる高級品もありますがBBQでは不要です。普通の七輪で困ったことも不満に思ったことも無いです。

セラミック素材のスーパー七輪

七輪の火力や火付きのよさや燃焼効率の良さを残しながら、軽く、丸洗いも可能にしたまさにスーパーな七輪です。七輪は使ってみるとわかりますが周りが非常にギトギトしてきます。

スーパー七輪なら金タワシでゴシゴシできます。おすすめは間違いなくこちらです。

2、BBQでの七輪のいいところ、だめなところ

七輪炎

七輪をバーベキューで使うにはいい所とだめな所があります。まずはいいところです。

BBQでの七輪のいいところ

焼肉画像

  • コンロとして考えると安い
  • 耐久性も十分
  • 炭に火がつきやすい
  • 熱の効率がいいので省エネ
  • 手入れも比較的楽

バーベキューコンロとして考えると「七輪」は安い

初心者にとってはありがたいと思いますが、スーパー七輪でも3000円程度で購入可能です。通常のバーベキューコンロで安めの価格設定をしているキャンプメーカーと同等レベルの価格帯です。キャンプでBBQするなら焚き火台もおすすめですが最低でも5000円程度しますので価格から考えると七輪が一押しですね。

バーベキューコンロについてはこちらもご覧ください。

バーベキューコンロを選ぶ時の4つのポイント
キャンプといえばバーベキュー。夏といえばバーベキュー。青空の下で食べるお肉とビール、最高です。BBQアイテムの代表といえば「バーベキ...

少し値段が張ってもいいならば焚き火台をコンロとして使うものかなりおすすめです。

焚き火台を比較したよ
『焚き火』。静かな夜にお酒を飲んでまどろみながら焚き火の炎をぼぉ~っと眺めているとすごく落ち着き、なんかゆったりした気分になります。...

耐久性も十分

我が家では10年以上使い続けているスーパー七輪があります。きれいに洗って乾かせば十分に使えます。内部に水がたまったままだと錆がでるので注意です。

炭に火がつきやすい

七輪は炭に火がつかないという悩みとは無縁のアイテムです。縦長に炭を入れる形状のため縦に気流が発生し非常に楽に着火できます。

炭に火をつけるノウハウはこちらをご覧下さいませ。

超初心者必見!簡単に炭に火をつける方法のまとめ!
初心者キャンパーの登竜門、炭に火をつける。 そうです。なかなかつきません。よくある話ですが。そもそも初心者なので炭に火...

熱の効率がいいので省エネ

縦長の炭を入れる場所の特性上、少ない炭で強い火力を生み出し、長い時間使用可能です。

なので使う炭も当然少なくすみます。火力も強いのでどんどん肉が焼けます。なので通常七輪なら小さくても4人くらいまでなら十分対応できます。

手入れも比較的楽

バーベキューコンロとしては比較的サイズが小さいので掃除も楽です。我が家はスーパー七輪なんで、金たわしでゴシゴシするだけピカピカになります。

後片付けについてははこちらもご覧ください。

食器洗いなどキャンプの調理器具の後片付ノウハウ
キャンプでの困りごとの一つに食器や調理器具の後かたずけがあるのではないでしょうか。キャンプ場は家とは勝手が違いますし、炭や飯盒など家...

BBQでの七輪のダメな所

キャンプバーベキューイメージ

  • 焼く面積がバーベキューコンロに比べて狭い。
  • バーベキューコンロのような足が無いのでハイポジションに出来ない。
  • 折りたたむことができないので持ち運びが不便。

焼き面積がバーベキューコンロに比べて狭い。

横長のバーベキューコンロに比べると焼く面積が比較的小さいです。これは家族四人分のお肉が焼けないとかそういう問題ではなく、

コンロ上の場所で火力の調整が出来ないのが問題なのです。

バーベキューコンロの一番のよさは片側には炭を寄せて火力をあげ、反対側は炭をおかずに保温のみでと、コンロ上での火力調整が出来ることです。

これは結構重要で七輪は火力が強く逃げ場の無い形状のため保温が出来ないのです。なるべく端っこにお肉を寄せてもすぐ焦げてしまいますし、七輪の周りがギトギトになります。

なので食材を火にかけるタイミングを常に考えないといけません。

バーベキューコンロのような足が無いのでハイポジションに出来ない。

バーベキュー用のコンロは足がついていてハイポジションで焼けるものがたくさんあります。背の高い方や高めのイスを使っている人にとっては結構重要で、我が家のキャンプチェアは背が低めなのですがそれでもお肉を前かがみになってとるイメージです。

ハイポジションを好まれる方には七輪は少し厳しいですね。足つきの七輪は見たことが無いですし。

折りたたむことができないので持ち運びが不便。

これが一番問題かもしれませんが、コンパクトに収納できないですよね。。。例えば焚き火台兼用のコンロなどはペタンコにして持ち運び可能です。

なので荷物をコンパクトにしたいソロキャンパーなどには不向きなアイテムと言わざるを得ないですね。

まとめ

当然いいところも悪いところもある七輪ですがトータルで見ると間違いなく購入して損は無いアイテムだと思います。

焼き場の広さが少ないので4人くらいまでがベストですが、そのデメリットを差し置いても優れたバーベキューコンロになるのは間違い無いと思います。

バーベキューするにはいろいろなタイプのコンロがありますが「着火が楽」で「リーズナブル」という特徴を考えると、お手軽格安派に人には間違いなく「七輪」がおすすめです。

バーベキューコンロを選ぶ方はこちらもご覧下さい。

バーベキューコンロを選ぶときに知っておくべき5つ種類と特徴
アウトドアごはんの王様、バーベキュー。おうちや焼肉屋さんで食べるお肉もおいしいですが、気持ちのいい空の下で食べるお肉や魚介類はやっぱ...

それでは皆様よいキャンプライフを!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする