シェアする

寝袋(シュラフ)の選び方

シェアする

冬キャップ

冬キャップ

キャンプ場でうまい酒を飲んだら、あとは寝るだけ。疲れた体を包み込むシュラフの重要性は言うまでもありません。

でも初心者キャンパーにとって寝袋(シュラフ)を選ぶのは結構大変です。多くのメーカーから多くの用途の寝袋が出ているために混乱してしまうからです。

同じ寝袋(シュラフ)という名前がついていても厳冬期や本格登山などで使用するものと、気候のいい時期のキャンプ場でファミリーキャンパーが使うものは全くの別物です。

ここが混乱するポイントです。同じ寝袋(シュラフ)という名前でも、全く同じ物ではない。

初心者ファミリーキャンパーは初心者ファミリーキャンパー目線で必要な機能を持った寝袋を選ぶポイントがあると思い自分なりに整理したのでアップしておきます。

冬用シュラフについてはこちらをご覧ください。

冬キャンプのシュラフを選ぶ際の4つのポイント
南極大陸ほどではないですが冬のキャンプはかなり冷え込みます。そこで重要なのがシュラフ選び。シュラフ選びを間違えると寒くて寝ていられま...

寝袋(シュラフ)の選び方 (初心者ファミリーキャンパーのための選び方)

  • 使用シーズン(季節)で選ぶ
  • 移動手段で選ぶ
  • 値段で選ぶ
  • こだわりで選ぶ

大きく分けるとこの4つのポイントをチェックしておけば間違いないと思います。

使用シーズン(季節)で選ぶ

大野アルプスランドキャンプ場

大野アルプスランドキャンプ場

シュラフには大きく分けて3つの適応シーズンがあります。

適応温度 適応シーズン
5℃~それ以上 夏シーズン
-5℃から5℃ スリーシーズン
-5℃以下 冬シーズン

ファミリーキャンプ、初心者キャンプの皆様であれば季節のよい春から秋のシーズンがキャンプハイシーズンになる思います。冬がキャンプのハイシーズンとおっしゃるベテランキャンパーさんを除いて、雪の積もる中にテントを張り、寝袋(シュラフ)に包まって眠るシーンのある方は少ないと思います。

夏シーズンの寝袋は夏しか使えないし、タオルケットでも代用できるのであまり必要ないです。冬シーズンについては皆さん冬眠されることが多いと思いますので必要性が少ないと思います。そう考えると初心者ファミリーキャンパーが選ぶべきはこれしかないです。

初心者はー5℃から5℃くらいが適応温度のスリーシーズン用シュラフを選ぶ

このポイントを守っておけばキャンプ場でのファミリーキャンプレベルであれば年中使えます。暑いときはジッパーをあけて使ったり、マット代わりに使ったり、寒いシーズンはシュラフカバー。冬シーズンも電源サイトでホットカーペット導入であれば問題ないです。

つまり本格登山や超厳冬ポイントの電源なしサイトでなければ年中使えます。しっかりメンテナンスすれば何年も使えると思います。

メンテナンスについてはこちらも併せてご覧ください。

寝袋を洗濯する!シュラフのお手入れ方法。
みなさん寝袋のお手入れってされていますか?我が家ではキャンプから家に帰ってきて、少し陰干ししてそのまま放置、という感じで一切していま...

冬キャンプにも出動する方はこちらのシュラフもご検討下さい。

冬キャンプに使えるシュラフ9選を徹底比較
冬のキャンプで快眠するためには冬用シュラフが必須です。そこで僕が調べた冬用シュラフのおすすめを9選いたしました。 冬用シュラフ...

移動手段で選ぶ

おおやキャンプ場

おおやキャンプ場

次の見るべきポイントですが移動手段です。

ほとんどのファミリーキャンパーが車をつかったオートキャンプだと思いますが、中には車を使わない方やバイクや自転車などのツーリングキャンプの方もいらっしゃる思います。

何を気にしているかというと積載量です。

シュラフの中綿には種類が二種類あります。ダウンと化繊になるのですが基本的にダウンシュラフは化繊シュラフより小さくなります。特徴の一覧はこちらです。

収納サイズ・重さ 値段 保管のしやすさ 水への強さ
ダウン 小さい 高い めんどう 弱い
化繊 大きい 安い らくちん 強い

たとえば適応温度が0度の同じくらいの暖かさの寝袋(シュラフ)があれば化繊のほうが安くて大きくなり、ダウンのほうが小さく高くなります。

逆に言うと積載時の大きさを気にしないのであれば圧倒的に初心者キャンパーには化繊のダウンがおすすめです。少々大きくて重くても車が運んでくれますので。

車移動のキャンプには中綿が化繊の寝袋(シュラフ)で十分

値段で選ぶ

冬キャンプ

冬キャンプ

キャンプ道具の値段はそれこそピンきりですが、その代表格の一つが寝袋(シュラフ)の値段です。

安いものは1000円以下でホームセンターやスポーツ店で売っているものもあれば本格登山や厳冬期用のシュラフは50000円以上する商品もあります。

初心者ファミリーキャンパーが選ぶ寝袋は5000円前後のアイテムで十分ではないかと思います。10000円も出せば十分にいい物が手に入るのでその中で選べばいいと思います。

amazonなどで比較することが出来るのでいろいろ比べてもいいかもしれません。

初心者ファミリーキャンプなら5000円前後から10000円までの寝袋(シュラフ)で十分

こだわりで選ぶ

冬キャンプ

冬キャンプ

キャンプ初心者が選ぶ寝袋(シュラフ)のポイント一言で言えばこれです。

-5℃から5℃までのスリーシーズン用の化繊の5000円~10000円くらいの寝袋(シュラフ)

逆に言うとこれ以外のポイントはどっちでもいいです。マミー型でも封筒型でもいいですし、極端な話メーカーも上の条件さえ同じならどこでもいいと思います。

あとは好みやこだわりの問題です。これに丁度いいのマットをセットで選べば問題ないと思います。

特にこだわりがなければこんなんでもいいかも。安いですしね。

まあこいう言ったギアを探す時が一番楽しいんですけどね。

ファミリーキャンプ初心者のあなたが選ぶべきおすすめマットはこれ!
キャンプ場での睡眠に重要なのが寝袋とマットです。せっかく自分にあった寝袋を選んでもマットが無ければパワー半減です。寝袋とマッ...

こだわりポイントは人それぞれですが

  • 寝心地にこだわるために中綿素材をダウンにこだわる
  • 体が大きいので伸縮性のある寝袋(シュラフ)にこだわる
  • 体が小さいのでショート丈にこだわる
  • デザインにこだわる

などがあると思います。

いろいろなポイントがあると思うのでみなさんのカラーで理想の寝袋(シュラフ)を選んでくださいね。

それではよいキャンプライフを!

キャンプ初心者が寝袋を選ぶときに見るべき4つのチェックポイントはこちら。

キャンプ初心者が寝袋を選ぶときに見るべき4つのチェックポイント
ぐっすりと睡眠をとって、自然の声に耳を澄まし、朝の静寂を楽しむ。キャンパーにとっての至福の時間のひとつではないでしょうか? 澄...

快適な寝心地を約束するコットはこちら

キャンプ場で最高の寝心地を約束するコットを出しているメーカー6選
キャンプ場で最高の寝心地を約束してくれる高級コット。コットは数千円程度のものから上は数万円クラスの物まで様々な種類がでています。安い...

それでは皆様楽しいキャンプライフを!