シェアする

Teyimoのレジャーシートを徹底レビュー

シェアする

Teyimoレジャーシート

Teyimoレジャーシート

レジャーシート。キャンプだけでなく運動会やアウトドア、ちょっとしたお出かけにも何かと役にたつアイテムの万能アイテムの一つです。

レジャーシートなんて100均で十分だと思っていたのですがしっかりしたものを使うと全然違うことがわかります。

今回はTeyimoというメーカーのレジャーシートをレビューいたします。

Teyimoのレジャーシートをもらったので使ってみた

そもそもTeyimoってなに?って感じかもしれませんがアマゾンでたくさん商品を販売しているメーカー?みたいです。正直僕も商品をもらう前まではあまり知りませんでした。

有名キャンプメーカーではないと思うのですが物に関しては使ってみると結構よかったです。

そもそもペラペラの100均レジャーシートとの違いは?

Teyimoレジャーシート

Teyimoレジャーシート

100円でも買えるレジャーシートになぜ千円以上も出すのか。色々な違いがあると思いますが僕が感じているイメージは、

100均のレジャーシート キャンプメーカーなどのレジャーシート
値段 ×
大きさ ×
耐久性 ×
クッション性 ×
見た目の良さ ×
防水性 ×

こんな風に感じています。あくまで僕のイメージですが。

値段はいうまでもなく100均の圧勝。100円ですからね。今回もらったTeyimoのレジャーシートでも1500円くらいしますからその差15倍!これは仕方ないですね。

逆にいうとその他の要素はキャンプメーカーが出しているレジャーシートには100均のナイロンのペラペラのレジャーシートは足元にも及ばないイメージです。

見た目とかは人の価値観なのでなんとも言えない部分もありますけどね。

まあ僕はこう感じています。

ケシュア レジャーシート

ケシュア レジャーシート

ちなみに僕は普段はケシュアっていうメーカーのレジャーシートを愛用しています。長年使っていますが今でも現役ですよ。

Teyimoのレジャーシートはこんな感じ

Teyimoレジャーシート

Teyimoレジャーシート

収納や肉厚防水など色々な観点でTeyimoのレジャーシートをチェックしていきます。

まずは収納性

Teyimoレジャーシート

Teyimoレジャーシート

本体にマジックテープがついていて、折りたたんでコンパクトに収納できるTeyimoのレジャーシート。

Teyimoレジャーシート

Teyimoレジャーシート

持ち運び用の巾着もついているので便利ですよ。

防水性は?

Teyimoレジャーシート

Teyimoレジャーシート

商品ページを見る限り防水を謳いまくっているので多分防水なのだと思いますが、正確なところはあまりよくわかりません。

Teyimoレジャーシート

Teyimoレジャーシート

ただこのように実物は裏側もしっかりしているので防水性はあるのだと思う。

実際僕が実戦投入した日は信じられないくらいの大嵐で何もかもびしょびしょになったのですが、地面からしみてきている感じはなかったです。

それ以上に雨がすごすぎて測定不能だったのですが。

厚みやクッション性

Teyimoレジャーシート

Teyimoレジャーシート

厚みは1mmくらいでしょうか。この商品に関しては思ったほどのクッション性はありません。肉厚ではないですね。

ただペラペラのナイロン一枚のレジャーシートではないでのそういう意味では安心して座ったりものを置いたりできると思いますよ。

気になる大きさは

Teyimoレジャーシート

Teyimoレジャーシート

気になる大きさはというと、こんな感じです。クーラーボックスや3kgの炭がこのサイズ感です。

公式には200cm×145cmということで大人が寝転んでも余裕です。家族4人でピクニックくらいならこれ一枚で十分ですね。

生地の感じは

Teyimoレジャーシート

Teyimoレジャーシート

表地はアクリル100%のフリース生地ということで肌触りはナイロンのペラペラのレジャーシートとは比べ物にならないほどいいですよ。

裏地はポリエチレン100%ということで防水できるようになっています。中地はPUフォームということで3枚構造で耐久性にも優れているようです。

構造のことはよくわかりませんがしっかりしていて肌触りがいいのは間違い無いと思います。

そして一番気になるお値段は

僕はもらったので買ってはいないのですが、実際にアマゾンで買うと、

1500円くらいですね。本日現在なので値あがったり値下がったりがあると思うのですが。

ちなみにコールマンのレジャーシートはこの価格。

コールマンはサイズが少し大きいのとコーナーループにペグダウンできたりとより本格的。

でも軽〜いピクニックやレジャーなら1500円くらいで買えるTeyimoのような無名の商品でもいいのかもしれないと使ってみて思いましたね。

まとめ

Teyimoレジャーシート

Teyimoレジャーシート

Teyimoのレジャーシートを徹底レビューしました。聞いたことがないメーカーですが商品に関しては結構良かったと思います。

まだ連続使用をしていないので本当の意味での耐久性はわからないですがそれ以外はこの価格なら合格点の商品だと思います。

最後に公式のスペックをまとめておきます。

商品サイズ 200×145cm
収納サイズ 31×21×5cm
重量 約1000g
表地 アクリル100%(フリース生地)
中地 PUフォーム
裏地 ポリエチレン100%

しっかりとしたレジャーシートを探している人にはオススメの商品だと思いますよ。

皆様もお気に入りのキャンプグッズを探して楽しいキャンプライフを送ってください。


新しいキャンプ道具を見つけたい人はこちら。
【アウトドア&スポーツ ナチュラム】

不要なキャンプ道具をお金に変えたい人はこちら。
登山用品整理して、新しく買うならマウンテンシティ