シェアする

キャンプ初心者は注目!タープの種類と特徴

シェアする

日ヶ奥渓谷キャンプ場

ヘキサタープ

みなさんこんにちは。キャンプにはタープが必需品と思っている僕です。暑い夏には日陰を作り、梅雨の季節には雨を凌ぐ。夜の食事の際にはリビングスペースになる。

そんなタープの種類や特徴を調べましたのでアップしておきます。タープ選びの際に参考にしてくださいね。

タープの種類と特徴

  1. ワンタッチタープ
  2. ヘキサタープ
  3. レクタタープ
  4. スクリーンタープ

いろいろ種類がありますね。一つ一つ特徴を見ていきます。

ワンタッチタープ

キャンプグッズはまだあまりない

左手奥にたっている緑のタープがワンタッチタープです。外でのイベントの際によく使われているタープです。ワンタッチタープの特徴は

  • 設営が楽。というか開くだけ。
  • 収納の際のサイズが大きく重い。
  • カバーできるスペースは以外と狭い。
  • 周りにメッシュをつけれるタイプの物もある。

我が家では初めに購入したのがこのタープでした。キャンプ用に購入したのではなく、フリーマーケットに出店する際に購入しました。

キャンプ道具は全く揃っていなかった初期には度々出動しました。その後ヘキサタープを購入したため現在ではお蔵入りとなっています。

ヘキサタープ

キャンプサイト

手前に立っているのが現在の我が家での現役選手、BUNDOK(バンドック) ミニヘキサゴン タープ UV BDK-25 [3~4人用]です。

値段も5000円弱とサイズもファミリーキャンプには適正サイズ。とても満足な一品です。

値段が安いので全ての部品にチープさはありますが、20回50回以上使用していますが何の問題もありません。キャンプ以外にも海水浴などに持っていきます。

BUNDOK(バンドック)のミニヘキサゴンタープを徹底レビュー
格安のキャンプ道具を多くリリースしているBUNDOK(バンドック)。その中でもミニヘキサゴンタープBDK-25というヘキサタープが超...

ヘキサタープはヘキサゴンタープとも呼ばれ、六角形のタープ本体を二本のポールと張り綱で設営するタイプのタープを呼ぶことが多いと思います。特徴として

  • 比較的設営が楽。慣れれば一人でも十分設営可能。
  • 収納サイズが小さく軽い。
  • ピンキリだけれども安い物もたくさんあるし、十分使える。
  • シチュエーションに応じて貼り方を工夫して、いろいろなパターンの設営が可能。
  • キャンプらしい開放感

もしファミリーキャンプ初心者が今からタープを買うのであれば、間違いなくヘキサタープをお勧めします。

収納のサイズ、商品の価格、現場での使い勝手の良さ、それでいて十分に感じれる開放感。ファミリーキャンプ初心者にとっては短所をさがすのが難しいアイテムだと思います。

レクタタープ

レクタタープは四角いタープ本体をメインポール二本、サブポール4本で設営する比較的大型のタープです。

4人家族のファミリーキャンプレベルで必要性をそこまで感じないために我が家では導入していないです。レクタタープの特徴は

  • 比較的大型で広い面積をカバーできる。
  • 大きい分設営等は若干大変。
  • ヘキサより風に弱い。
  • 開放感をヘキサよりも上。

4人家族の初心者ファミリーキャンパーである我が家ではレクタを面積が大きく、設営が大変なレクタを購入する必要性を感じませんでした。

ヘキサ、レクタともサブポールを購入したり、アレンジ次第でいろいろな使い方ができそうです。我が家ではノーマルな使い方しかしていませんが、タープアレンジもそのうち研究していきます。

スクリーンタープ

スクリーンタープはフルクローズにもなり、テントとの連結などもできるポールを使ったドーム型のタープです。これとテントを連結したらもうほとんど基地です。

タフワイドドーム

タフワイドドーム

こんな感じになります。わかりにくいか。。。

お値段も張りますが快適性も高いものがあります。スクリーンタープの特徴は

  • フルクローズできるので寒さに強い。
  • オールメッシュで夏場の虫対策
  • オールメッシュでも暑い。
  • テントの連結により雨風に対する防御力が劇的に上がる。
  • 家のような基地のような威圧感。
  • 設営は当然すこし面倒。
  • 開放感は期待できない。

スクリーンタープ

写真のヘキサの後ろにスクリーンタープがあるのですが小さな子供がいるファミリーキャンプでの安心感はかなり高いです。正直少しの雨でも全く問題ないです。キャンプでの開放感というよりは家のような安心感が特徴だと個人的には感じます。

ぼくはスクリーンタープを買うなら最初から2ルームテントを買うかも。

コールマンのトンネル2ルームハウス/LDX (バーガンディ)とDODのカマボコテントを比較してみた
最近今のテントが狭く感じてきて2ルームテントが欲しい僕です。物欲全開でネット上をウロウロしていたのですが、欲しいテントのカタチがはっ...

キャンプ初心者が最初に買うべきタープはどのタイプか?

ずばり、ヘキサタープです。

結論から言うとヘキサタープが間違いないと思います。

一人でも楽にできる設営の手軽さ、それでいて追加でポールを購入することにより設営バリエーションも増やせます。

何より手頃な価格から市場に商品が出ています。ファミリーキャンプ初心者にとっては一番使い勝手がいいですよ。

収納性 設営の楽さ 商品価格 風雨に対する強さ 開放感 リビング快適性 ファミリーキャンプ(4人家族)への適正
ワンタッチタープ  △  ▽
ヘキサタープ  ◯
レクタタープ  ◯  △
スクリーンタープ  ◯

スクリーンタープの快適性や風雨に対する安心感も小さな子供がいるキャンパーにとっては心強いですが価格と設営の若干の面倒さからスクリーンタープは2番手になりました。

最後にコールマンジャパンさんの公式youtubeサイトからヘキサタープの張り方の動画がありましたので貼り付けておきますね。

動画出典:コールマンジャパン

タープとテントを今から買いそろえるなら最初から2ルームテントというのもありかも!

家族4人で使える5万円以下のツールームテント7選
2ルームテントこそが初心者ファミリーキャンパーにとって最も適したテントではないかと最近感じている僕です。ただ2ルームテントはシンプル...

それでは皆様楽しいキャンプライフを!