シェアする

ツーバーナーを比較してみた!

シェアする

ローストチキン

みなさんこんばんわ。ツーバーナーを使って本格的にキャンプ料理を楽しみたい。キャンプに慣れ始めるとそんな願望が出てくるのではないでしょうか。

我が家のキャンプ料理といえばもっぱらBBQ。王道中の王道ですがオシャレな先輩キャンパーのようにツーバーナーを駆使して脱素人キャンパーを目指したいです。

ということでいろいろツーバーナーを比較してみましたのでアップしておきます。

ツーバーナーを比較してみた!

2017年6月現在のキャンプメーカーのホームページの情報を一元化してみました。いろいろなタイプがありますね。流通価格は2017年6月11日現在の物です。

メーカー 商品名 火力(メイン,サブ,kcal) 燃焼時間(h) 収納サイズ(cm) 使用サイズ(cm) 重量(kg) 流通価格 機能燃料
コールマン パワーハウス®LP ツーバーナーストーブ Ⅱ(レッド) 3500

3500

1.5~3 54×32.5×7 64×32.5×52 4.2 8895 OD
413Hパワーハウス(R)ツーバーナー 3650

2750

2~6 56×35×16  67×46×44.8  5.8 27864 ホワイトガソリン
 ユニフレーム

ツインバーナー US-1900 ブラック

 3900  45m  54×32,5×11,5  54×32,5×29  3.9 25100 CB,パワーブースター搭載

ツインバーナー US-1900

 3900 45m  54×32,5×11,5  54×32,5×29  3,9 21600 CB,パワーブースター
 スノーピーク ギガパワーツーバーナー スタンダード  2800  – 50×11×36 56,3×29,3×38,3  7  36504  OD
ギガパワーツーバーナー 液出し  3000  – 50×11×36 56,3×29,3×38,3 7.3 47304 OD,液出し
 キャプテンスタッグ

エクスギア ガスバーナーコンロ

2700 53×32×8  65.5×35×50 5 19475 OD
 ステイジャー コンパクトガスツーバーナーコンロM-8249 3000 52,5×30×10  64×33×49 4,6 10600 OD
 SOTO ハイパワー2バーナー ST-525  4200  1.9~2.5 58×36×9,5  61×41×58 5,1  14800 CB

※流通価格は2018年9月26日現在の価格です。

ガソリン燃料を選ぶならコールマンの413Hパワーハウス(R)ツーバーナー以外の選択肢はない。

キャンプでは、ガスかガソリンかでキャンプ道具の燃料を統一するのは常識だが、ランタンなどでホワイトガソリンランタンを選んだ人はツーバーナーはコールマンの413Hパワーハウス(R)ツーバーナー以外の選択肢はなさそう。

商品は魅力的だけどもう少し選択肢が欲しいな〜。

ガス燃料のツーバーナーを比較検討してみる。

ホワイトガソリンの機種に比べ、ガスを燃料としたバーナーは数が豊富です。

  • OD缶CB缶。
  • 商品の値段は。
  • 肝心の火力はどうか。

OD缶CB缶

同じガス燃料でもOD缶(アウトドア用ガス)使用のものとCB缶(カセットガス)使用のものがあります。

燃料コストの安いCB缶を導入しているツーバーナーはユニフレームとSOTOが出しています。ツーバーナーは一回導入するとなかなか買い替えをしないので燃料コストもよく考えないといけないですね。

当ブログでは推奨しませんがベテランの方はこんな方法も使っているみたいです。

非推奨!ガスボンベ代を節約!CB缶からOD缶へガスを充填する道具はこれだ!
ガスボンベ代を節約!CB缶からOD缶へガスを充填する道具を発見しました。 キャンプに行きたいから節約したい。節約してまたキャンプに行き...

商品の値段は

メーカーホームページの定価だけをみるとコールマンのパワーハウス®LP ツーバーナーストーブ Ⅱ(レッド)が10000円弱ですね。

あとの商品は大体2万円から高いもので4万円程度。商品スペックだけをみるとどれも大差ないように見えるのでコールマン圧勝のように見えました。

ただし2018年9月時点でのAmazonなどのネット上の実勢価格をみるとSOTOのハイパワー2バーナー ST-525も14800円ちょいで売っていました。この辺は流動的だと思うのでこまめにチェックするしかないですね。

肝心の火力はどうか。

SOTOのハイパワー2バーナー ST-525が4200kcal(ST-760ガス使用時)でメーカースペック的には一番でした。ただ他の機種も大体2000後半から3000半ばくらいのkcalなのでそれほど大差がないようです。そんなに気にしなくていいのかな、ここは。

結局、今一番買いたいツーバーナーはこれ!

いろいろ時間をかけて書くキャンプメーカーのホームページをチェックして、結局お前はどれが一番欲しんだと怒られそうですが、これです。

コールマン 413Hパワーハウス(R)ツーバーナー


やはりメンテナンスをしっかり行いながら何年も相棒として持ち続けるキャンプギアに憧れてしまいます。ランタンと統一してホワイトガソリン燃料のアイテムに心を奪われつつあります。かっこいいしな~。

ガソリンランタンについてはこちらをご覧ください。

ガソリンランタンを比較
現在は使い勝手の良さ、安全性などの観点からLEDランタンを愛用しています。初心者キャンパーなので最良の選択肢だったと今でも確信してい...

でももしガス燃料のバーナーならばこれを選びます。

SOTO ハイパワー2バーナー ST-525

実際の販売価格や使用燃料、火力等を総合的に判断すると一番いいアイテムに思えました。本体価格はコールマンのパワーハウスが安いんですけどSOTOはCB缶仕様が魅力的。

ということであこがれのツーバーナーを比較検討してみました。人によってオススメになるツーバーナーは変わると思いますがどのメーカーさんもいいアイテムを出しているな〜。

ガスランタンも比較してみましたのでよろしければごらんください。

ガスランタンを比較
虫の寄らないランタンキャンプでランタンといえば本格派のガソリン、比較的扱いやすいガス、安全性重視のLEDの3つが主なカテゴリーだと思...

キャンプ初心者のかたにオススメのシングルバーナーはこちら

初心者にお薦めのガスバーナーがイワタニジュニアガスバーナーCB-JOB-3である3つの理由
もし何かひとつおすすめのガスバーナーを教えてって言われたら即答します。「イワタニ ジュニアガスバーナーCB-JRB-3」。ど...

それではみなさま良いキャンプライフを!