シェアする

BUNDOK(バンドック)のコットをしばらく使用してみた感想

シェアする

バンドックのコット

バンドックのコット

バンドックのコット。快適な睡眠を求めて当時一番安かったコットを購入しました。このコット価格は安くて物もいいのですが、組立時にかなりパワーが必要。

ということで購入後半年ほど使ってみての感想を書いておきます。

BUNDOK(バンドック)のコットをしばらく使用してみた感想

一言で言うとかなり組み立てに力が要ります。その部分を中心に組立時の動画も上げておきます。購入予定の人の役に立てばうれしいです。

BUNDOK(バンドック)のコットってこんなアイテムです。

バンドックのコット

バンドックのコット

バンドックのコットはこんな感じです。

組み立て式のキャンプ用ベッドで比較的安い価格帯の商品です。BUNDOKという低価格路線の商品を多数販売しているブランドのコットです。

現在の価格はamazonで4780円くらい。僕が購入した半年前は2980円だったのでこの半年で2千円近く値段が上がっています。人気なのでしょうか?ちょっとわかりません。

バンドックのコット

バンドックのコット

まあ4780円でもキャンプ用コットの中では安い部類のアイテムだと思いますが。

ちなみにこのコットのスペックは

公式スペックはこんな感じ。

サイズ 収納サイズ 重量 生地 フレーム
570×1850×200 700×280×180 3.5kg ポリエステル600D スチール

サイズは幅が60cm弱で長さが185cm。

実際に185cmくらいの、のっぽが寝るとこんな感じです。

バンドックのコット

バンドックのコット

結構ギリギリです。それでも十分寝れると思いますが、長身の方は一応サイズを気にした方がいいかも。

ちなみに150cmくらいの人が寝るとこんな感じ。

バンドックのコット

バンドックのコット

ダイブ余裕がありますね。幅も十分です。

実際185cmくらいまでの人は十分に快眠できると思いますよ。

組立にメチャクチャ力がいる

僕がもやしっ子過ぎるのかもしれませんが、このコット組み立てに力が結構必要です。

特に両サイドのスチールポールをベットの生地に入れ込むとき。これは至難の業です。実際の様子を見てみてください。

まずはサイドポール

初めて使用した日は真冬のキャンプだったので記事も硬くてめちゃくちゃ苦労しました。

今はだいぶ生地がこなれてきて組み立てやすくなりましたが、それでももう少し使用しないと生地が完全にはこなれてこないと思います。

初めての使用の際はかなりの覚悟で臨むか生地を傷つけることのないヘラのようなアイテムを持参するのがいいかもしれませんね。

次は足の装着

装着したサイドポールに足を装着します。これもサイドポールの角度と足の角度をあわせてやらないといけないので少しコツが要ります。

足の装着は体重をかけて行うと楽にできますよ。動画をご覧ください。

組立は全体的に少し大変ですが慣れれば出来ないことはないです。生地がもう少し伸びたら一人での設営に挑戦してみます。

まとめ、実際に半年ほど使ってみて思うところ

比較的コンパクトなのでテントの中でも使えるし、何と言っても睡眠時の快適さが違います。一回コットを覚えると地べたにマットでは少し不満になってしまうかも。

ただ、僕が購入したバンドックのコット。購入前から設営に力が必要というのは知ったうえで購入しました。でも予想よりはるかに力が必要でした。

しかも僕が購入した時から2000円ほど値上がりし、4800円ほどになっています。

僕は2千円台で購入できるコットという事でこのコットを失敗覚悟で購入したのですが、今の価格ならこれと迷うかも。

今なら同じくらいの価格でドッペルギャンガーアウトドアのワイドベットが購入できます。幅がバンドックより20cm広い。まあ幅57cmでも十分快適ですけどね。

という事で僕の結論

寝心地が相当いいのでコット自体は他社も含めて超お勧め。

価格が4800円くらいならドッペルギャンガーも検討する。

という感じです。今シーズンしっかりつかってみて生地の伸びと設営の楽さがどうなるか調べたいと思います。

それでは皆様もお気に入りのキャンプ道具をお探しください!

BUNDOK(バンドック)のコット
以前から気になっていたBUNDOKのコンパクトベッドを実際に購入して使用してみたのでレビューします。いろんな意味でなかなかのアイテム...
キャンプ場で最高の寝心地を約束するコットを出しているメーカー6選
キャンプ場で最高の寝心地を約束してくれる高級コット。コットは数千円程度のものから上は数万円クラスの物まで様々な種類がでています。安い...
1万円以下のコットを比較してみた!
キャンプ道具には無くても困らないけれどもとても欲しくなるアイテムがあります。 必ず必要では無いがあれば快適になる、そんなキャン...

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする