シェアする

キャンプの後片付けに役に立つ道具6選

シェアする

バケツ

バケツ

大型連休が明けたりすると待っているのは日常の現実世界とキャンプの後片付け。そんな人もいると思います。

そこで僕が普段キャンプにもっていく後片付けに役に立つアイテムを紹介します。

キャンプの後片付けに役に立つ道具6選

道具というか小物というか、いずれにしても片づけをイメージしてキャンプに持っていくアイテムです。具体的には、

  • ブルーシート
  • 雑巾
  • バケツ
  • 干しかご
  • ジップロック
  • ビニール袋

それでは早速。

ブルーシート

まずはこれです。ブルーシート。キャンプでは何かと役に立ちます。

現在の我が家での使用方法は、テントのグランドシートとして使い、片付けの際には最後に荷物置き場として車に積み込む前に荷物をまとめておく場所として使っています。

荷台の大きな車に乗っている人は荷台の下に敷けば車が汚れることもないですね。僕の今の車はコンパクト過ぎて荷台がほとんど無いので荷物は屋根の上ですが。

キャンプの車載問題を解決するルーフキャリアバッグ
キャンプの行くときの荷物が多すぎて積み込みが大変。そんなお悩みの方も多いのではないでしょうか?特にコンパクトカーや軽自動車の人はどん...

雑巾

まあ基本ですね。ただの雑巾です。クーラーの底、キャンプテーブルやチェアの足など地面について汚れた部分の汚れを落とします。

なんかすごく汚れが落ちる雑巾が売れているようですが、家にある古タオルで十分ですね。

バケツ

これは夏のキャンプで海や川など水の中に入るとき限定なのですが実はめちゃ便利です。

最終日ギリギリ前で遊んで濡れたバスタオルや水着、海パンやゴーグルなどを全部バケツに放り込んでそのまま帰ります。めちゃ便利ですよ。

僕は趣味でたま~にサーフィンをするのでそのバケツをキャンプにもっていくことがあります。夏の川や海キャンプを計画している人は試しにやってみてください。

ちなみに、使わない時は家の洗濯カゴに変身しています。かわいいですよ。

干しかご

これはもう僕の中でファミリーキャンプでは必須です。洗った食器を乾かすことができるので撤収の際には乾いた食器をバックに詰めるだけ。

安いし絶対勝った方がいいと思います。

ハンギングドライネットなら尾上製作所(oneo)の干しかご35がおすすめ
キャンプでのお皿やコップ、最初は使い捨てのものを使っていましたがキャンプすることが多くなりプラスチック製の容器を購入して使うようにし...

ジップロック

結構でかめのサイズのジップロック。家にあるもので十分です。

これがあると何かと便利です。濡れたものを入れたり、食材の余ったものをいれたり。こまごましたアイテムをまとめるのも便利です。

ビニール袋

最後はビニール袋。ゴミ袋みたいなもんです。脂ぎって現場で洗えないくらいの七輪をデカいビニール袋に詰め込んでそのまま持って帰ることもあります。

ビニール袋はごみ回収にも使うし、嵩張らないのである程度余裕をもって持っていた方がいいですね。

まとめ

僕がキャンプの後片付けに役に立つため持っていく道具6選でした。

まあ片付け自体はそれ程テンションが上がる作業ではないですが、便利なのでこれらのアイテムを持っていくことが増えました。

今これに落ち着いているだけでまた道具は変わるかもしれないので、その時はまた追記すると思います。

それでは皆様、楽しいキャンプライフを!

あわせてこちらもどうぞ!

キャンプの片付けのコツ
楽しいキャンプが終わると必ず待っているのが後片付け。キャンプは好きだけど後片付けは嫌いという人もいるのではないでしょうか。 僕...