シェアする

角型七輪を比較

シェアする

角型七輪

角型七輪

七輪は丸型。勝手にそう決めつけていました。先日我が家2代目の七輪を購入しようと思って物色していたところ、ふと思ったのですが、角型の七輪でもいいかも。

そこで現在販売されている角型七輪を比較してみました。

角型七輪を比較したよ

角型の七輪は丸型の七輪と比べて火力の調整がしやすい。そこが一番の魅力です。ただ七輪本来の効率の良さというか火力の部分が角型は丸型と比べて底が浅くなるので弱くなるかも。

とりあえず7型ピックアップしたので比較します。

キャンパーズコレクション 角型七輪ワイド

まず最初に目に留まっとのがこれ。

キャンパーズコレクションの角型ワイド七輪。もともとキャンパーズコレクションのスーパー七輪を使っていたのでリピート購入をしようと思ったのがキッカケで目に留まりました。

角型はやはり形状がべーべキューコンロと同じなので火加減がしやすいのがいいですね。このモデルは焼き場が二か所に分かれているので使いやすいですね。

富士見産業 本格珪藻土 角型七輪

富士見産業という会社は勉強不足で知らなかったのですがアウトドア用品を販売しているようです。キャンパーズコレクションと同じような形っぽいですね。

BUNDOK(バンドック) 俺用七輪 角 BD-384

アウトドア業界のコスパキング、バンドックがリリースする小型の角型七輪です。ソロキャンプベースで考えている人にはこのサイズで十分。

BUNDOK(バンドック) 長角七輪 BD-383

こちらもバンドック。少し大きなファミリーサイズです。ファミリーキャンプではこちらですね。BD-384と違って焼き場も2か所ありますよ。

奥能登天然珪藻土 切り出し七輪 角型30号

こちらは保守本流っぽい高級角型七輪。キャンプ用というよりもお料理屋さんとかで使う感じなのでしょうか。価格的にちょっと手が出にくいです。

奥能登天然珪藻土 切り出し七輪 角型25号

こちらはワンサイズ小さい角型25号。こちらも高級品ですね。

角型七輪スペック一覧表

スペックを比較しました。

メーカー 商品名 サイズ 重量 流通価格 付属品 焼き場
キャンパーズコレクション 角型七輪ワイド 41×24×17 7.3 3945 火ばさみ・敷台・網 2
富士見産業 本格珪藻土 41×24×16 8 3260 鉄さな・火ばさみ・敷台・網
BUNDOK 俺用七輪BD-384 20.2×14.3×12.1 1.6 1247 網・木製プレート 1
BUNDOK 長角七輪BD-383 41×24×17 7.5 3618 網・スチール台座 2
奥能登天然珪藻土 切り出し七輪角型30号 31.5×18×17 4.5 10480 オガ炭 2
奥能登天然珪藻土 切り出し七輪角型25号 25×14×14 2 6358 オガ炭 1

※流通価格は2017年4月21日現在の価格です。

まとめ 比較してみてわかった良い所と悪い所

まとめてわかったことがあります。

まずはいいところ

焼き場が2つある物が多いので火加減の調整はかなりやり易そうですね。これはありがたい。

あとは角型なので焼き場は広く保ちやすい。

イマイチのところ

とりあえず一つ気が付いたことがあります。

重い。

8kmとかほとんどダンベルクラスですよ。

珪藻土なので収納性は皆無。それでいて重い。これは少し辛いですね。

あと分かっていたことですが炭を入れて焼く場所が浅いのがやはり気になります。高さ20cm以上の深さのある商品はありませんでした。

結論、

角型七輪は無いな・・・。

これらを考えるとやっぱり丸型のスーパー七輪が有力か!

まあ比較してみてよくわかったのでよかったです。

それでは皆様楽しいキャンプライフを!

宜しければあわせてこちらもご覧ください!

4人までのバーベキューなら七輪がおすすめな理由はこれだ!
バーベキューをしよう!となったらまず「バーベキューコンロ」を選ぶといった方が多いと思います。でもここであえて推していきたいのが「七輪...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする