シェアする

EVAマットがキャンプ初心者にお勧めな5つの理由

シェアする

サーマレスト

サーマレスト

キャンプデビューしたばかりの頃はキャンプ用のマットは銀マットと決めつけていました。それしか知らなかったし。

でももしあの時の僕にアドバイスするなら絶対にEVAフォームのキャンプ用マットをお勧めすると思います。そこでEVAマットがお勧めな理由を書いていきたいと思います。

EVAフォームのマットがキャンプ初心者にお勧めな5つの理由

これからキャンプを始める人。

特にエリアによりますが僕のホームの神戸でいえば4月くらいから10月くらいまでの。気候の厳しくない時期が中心のキャンプ初心者の方は是非参考にしてみてください。

EVAフォームのマットは手軽に使える

EVAフォームマットってこういうやつです。

銀マットがこれ

比較するまでもなくどちらも広げてテント内に敷くだけです。難しくも何ともありません。

これがインフレータブルマットという空気を入れて膨らますマットになると広げる際と収納の際に若干手間がかかります。

手軽さレベルは

銀マット・EVA>インフレーターマット

みたいなイメージです。

まあインフレーターも大した手間ではないと思いますが、最初のキャンプ道具は手軽であればあるほどいいと思います。

まとめると

銀マットと同じくらい手軽に使えて、インフレーターマットより扱いは樂

EVAマットは銀マットより快適で断熱性が強い

マットの役割は、

  • 地面のごつごつ感から身を守るクッションの役割
  • 地面の冷気や地熱から身を守る役割

この2つが大きな役割です。

一般的にホームセンターで購入できるような銀マットはペラペラの物が多く、クッション性、断熱性共にしょぼいです。

2枚重ねにしたり毛布やクッションをもっていって代用することはできるかもしれませんが、そんな大変なことをするなら最初からEVAフォームのマットを購入した方が荷物も少なく、価格も安くつく気がします。

クッションの役割のみを考えるとインフレーターマットも選択肢に入ると思いますが、高価格になるので他のキャンプ道具もそろえるタイミングの人にとっては少し痛いかもしれません。

断熱性を考えるならサーマレスト社のEVAフォームマットを使用すれば冬山でも使用する人がいるくらいのアイテムなので一般的なファミリーキャンプでは十分すぎる機能だと思いますよ。

致命的な故障が少ない

EVAフォームを使ったマットも当然使用頻度が上がれば破れたり摩耗すると思います。それは銀マットでも同じです。

僕が最初に買った銀マットはあちこち破れています。

でも銀マットやEVAはちぎれたり破れたりしても広げて敷くだけなので余裕で使えます。

これに対してインフレータブルマットは穴が開くと使用できないというリスクがあります。

ほとんどのインフレータブルマットはリペア素材がついて販売されていると思いますが、キャンプ場で穴が開くとそのキャンプでは使えないっていう事になってしまいます。

この部分を考えると銀マット・EVAはインフレータブルマットに勝ると思いますよ。

背中いたいの嫌だし。

EVAフォームのマットはコスパがいい

EVAフォームのマットは種類が色々あります。もちろんサーマレスト社などの少し値の張るマットもあるのですが、銀マットとそれほどコストの変わらないアイテムもあります。

たとえばこれ。

厚さ1.5cmの極厚銀マット。極厚なのでクッション性も高くごつごつしなさそうですが、

こちらのキャプテンスタッグさんのEVAマットは厚さ2cm。極厚銀マット以上の厚さです。

値段もそれほど変わりませんね。

こんなマットです!

インフレーターであれば厚さ5㎝以上のアイテムもありますが最低でも5千円以上のイメージです。まあ厚さ5cmとか、かなり快適なんでしょうけどね。

インフレーターマットを徹底比較
冬キャンプのキャンプ道具代を節約するためとスリーシーズンシュラフが真冬に通じるかという2点を検証する為に、安物のスリーシーズン用シュ...

厳冬シーズン以外のファミリーキャンプなら安いEVAで十二分

マットって結局どのような状況で使うかってことが一番重要です。

もし夏の砂浜でしかキャンプしないのなら断熱性、クッション性共にそれほどいらないので500円くらいの銀マットで十分だと思います。

逆に氷点下になるような冬キャンプまで視野に入れているのなら高規格のEVAフォームマットやインフレータブルマットが必須になると思います。

ペラペラの銀マット一枚ではいくら寝袋がよくても力が半減すると思います。

で、今からキャンプ道具をそろえてキャンプデビューする人にとっては、

  • 季節は春から秋の過ごしやすいシーズン
  • 場所はしっかり管理されたキャンプ場

このようなシチュエーションでコストがあまりかからずに、でもそこそこ快適に過ごせるマットっていうのが一番必要なんじゃないかと思います。

そういう意味でも高級なインフレーターや高級EVAではなくお手頃価格のEVAフォームマットが一番合っていると思います。

まとめ

EVAフォームマットがキャンプ初心者にお勧めな理由をピックアップしました。振り返ると、

  1. 手軽さ
  2. クッションと断熱
  3. こわれにくい
  4. そこそこ安い
  5. シーズンと場所の適性があっている

この5つの理由でキャンプ初心者にはEVAマットがお勧めだと僕は思います。

ちなみにもし僕が今年キャンプデビューで今から道具をそろえるなら、このどちらかにすると思います。

まあたぶん僕ならキャプテンスタッグを買います。分厚いから。

皆様もお気に入りのマットを探してみてくださいね。

もしお店選びに迷ったらナチュラムさんがいいのではないでしょうか。
アウトドア&スポーツ ナチュラム


それでは皆様、楽しいキャンプライフをお過ごしください。