シェアする

キャンプ初心者がマットを選ぶ際に知っておくべき3つの種類

シェアする

サーマレスト

サーマレスト

気候の良いキャンプシーズンに突入して今年こそキャンプデビューという方も増えてくると思います。テント、寝袋と併せて重要なマット。

絶対に外せないアイテムなので慎重に選びたいところです。そこで一般的に販売されている3種類のマットの種類についてみていきたいと思います。

キャンプ初心者が検討すべき3種類のマットとお勧め

キャンプ用のマットにも様々なタイプがあります。

銀マット、EVAフォーム、インフレータブルタイプ、と大きく分けて3種類のマットがあると思いますが、それぞれの特徴も含めてキャンプをはじめる方がどれを選ぶべきか、僕の考えを書いていきたいと思います。

3種類のキャンプ用マットの特徴

冬キャップ

冬キャップ

一般的にはキャンプ用マットときいて最初に手にするのが銀マットだと思います。

キャンプシーズンに入るとホームセンターでもスポーツ店でも山のように売られていますので馴染みがありますね。そんな銀マットの特徴から見ていきます。

銀マットで十分説は本当か、その特徴は?

冬キャンプ

冬キャンプ

まずは銀マットの特徴です。

ずばり安い

これに尽きると思います。

実際に僕も今でも銀マットを使います。安くて薄い銀マット。断熱性もイマイチ。でも使います。定番だし家にあるから。

芝生や砂地のキャンプ場で夏場を中心に全く寒くない時期のキャンプしかしないなら銀マットでも十分だと思います。

ただ薄いので地面の感触がダイレクトに伝わりやすいので敏感な人は地面のごつごつ感が伝わって寝れないかもしれません。

キャンプで何がつらいって寝れないのが一番辛いんです。

暑くて寝れない、寒くて寝れない、体が痛くて寝れない。

色々あると思いますが、銀マットは最低限のレベルの快適性しかないのでこのすべての要素で他のマットと比べて不利になる可能性が大です。

でも僕がそうなんですがどこでもどんな態勢でも快眠できるというタイプの人には安くていいかもしれません。

EVAフォームのマットはどうか?

サーマレスト

サーマレスト

サーマレストのリッジレストやZライトに代表されるEVAフォームを使ったマットです。

EVAって何ってなると思うんですが、簡単に言うと快適なクッション性と熱や冷気を遮る能力が高い素材です。

一言で言うと銀マットよりだいぶ良いマットです。

値段はピンきりですが、高いもので九千円くらい、安いもので千円台と結構幅があります。

高級なEVAフォームのマットは雪山や厳冬期でも十分使用に耐えうる商品という事で、それなりに高価になっているのだと思います。

僕がこれからキャンプデビューされる方に一番いいと思うのは安めのEVAフォームを使用したマットです。多分春から秋のハイシーズンなら十分快適と思う。安いの使ったことないけど。

迷うならこれだと思うよ。

予算があるならサーマレストというメーカーの物が一番いいと思うけどいきなりマットに5千円以上とか多分負担になるの安いのでいいのではないかと思います。

まあサーマレストのZLITEメッチャいいですけどね。

インフレーターマットはどうなの?

インフレーターマットっていうのは簡単に言うと空気を入れて膨らむタイプのマットと思っておけばいいと思います。

そんなインフレーターマットですが、僕もっていません・・・。

なので一般論でしか言えないのですが、特徴は

  • 空気で膨らむので分厚くて快適
  • 少し高い
  • 小さくたためる
  • 穴が開いたらリペアが必要

こんなところです。

荷物が小さいほうがいいツーリングキャンプ派の人などにはいいのかもしれませんね。

インフレータブルマットについてはこちらもごらんください。

インフレーターマットを徹底比較
冬キャンプのキャンプ道具代を節約するためとスリーシーズンシュラフが真冬に通じるかという2点を検証する為に、安物のスリーシーズン用シュ...

あまり聞いたことのないメーカーの安い商品もあるのですが、一般的には値段が高い商品が多いのでそこが一番の欠点かも。

特にキャンプ初心者には揃える道具が他にもあるのでマットにそこまでコストをかけるのがどうかとも思います。

まとめ

銀マット、EVAフォーム、インフレーター、の特徴はこんな感じです。

で、キャンプ初心者に一番のお勧めはやはりEVAフォームのマット(安いやつ)だと思っています。

特にキャプテンスタッグというメーカーのEVAフォームマットは厚さも2cmあるし、価格も千円台後半と激安なんでお勧めです。ちなみにダブルのタイプもあります。

ダブルサイズでも3千円台と激安。

当然高い方がクオリティに優れるとは思いますが、今から道具を買いそろえる人にはコストも問題も重要かと思います。

もちろん銀マットよりは少しだけ高くなるけど、もし今から僕がキャンプ道具をそろえ始めるなら多分このマットを買うと思いますよ。

キャンプ道具をいろいろ物色するのがキャンプの楽しい所の一部だと思うので皆様もぜひご自身のスタイルに合うマットを探してみてください。

それでは皆様、楽しいキャンプライフを!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする