シェアする

燻製を作りたいけれどもやり方がわからないので調べてみた。

シェアする

燻製

燻製

先日キャンプに行った時に隣のサイトの方が燻製を作っていました。ちょっと見せてもらったんですがめちゃくちゃ美味しそうでした。

そこで僕も燻製デビューしたいなと思っているのですが、何をどうすればいいのか全くわかりません。なので色々と調べてみました。

燻製のやり方を調べてみた〜!

何と言っても僕燻製をしたことがありません。道具も何も持っていないしそもそも何が必要かもわかっていません。

とりあえずやり方を調べ、道具を準備して、実際に食べてみるという流れで企画していきます。今日はやり方を調べるところです。

燻製をするための道具

燻製

燻製

燻製をするために何がいるのか。ちょっと調べたところ、最低限必要なのは

  • 燻製器(スモーカー)
  • スモークチップ、スモークウッド

多分これでいけるはず。したことがないのであやふやですが・・・。

燻製器(スモーカー)とは

キャプテンスタッグ バーベキュー BBQ用 燻製器 アドバンス折りたたみスモーカー スモーク対応M-6547

スモーカーとは写真のように食材を入れて煙で燻すための箱です。キャンプメーカーさんからもいろいろな種類が出ています。

食材を置いたり吊り下げたりして煙と熱で燻製を作るのでそのような構造の箱型のものであれば何でもいいということになります。

一斗缶などを改造して自家製の燻製器を作る方もいるようですし、ダンボールで自作したりすることも可能のようです。

それほど高くないので初心者はおとなしく市販のものを購入するのが間違いない気がします。

スモークチップ、スモークウッドって何?

進誠産業 スモークチップ サクラ NoS-852-A

スモークチップもスモークウッドも燻製を作るための燻煙材です。必需品ですね。

これがスモークチップ。

こっちがスモークウッド。

スモークチップが木片のような細いやつで、スモークウッドが棒状のものですね。

違いはというと、

スモークチップは直接火をつけずに熱源が必要。熱源でチップを熱して煙を出すイメージですね。それに対してスモークウッドは直接火をつけて燃やすイメージです。長時間の燻製に向いているようですね。

またスモークチップはいろいろな種類をブレンドして使うこともできます。これも楽しみの一つですね。

基本的な燻製のやり方を調べてみたぞ〜!

基本的な燻製のやり方を調べました!以外と簡単に手をつけれてそれでいて奥が深そう。

美味しいお酒のあてが作れると思うとワクワクします。

燻製と一言で言っても3つの種類があります。

冷燻、温燻、熱燻、の3種類。

それぞれ燻製の煙にかける温度によって分かれるようです。

温度の区分けは、冷燻が20℃くらいまで、温燻が30℃から80℃、熱燻がそれ以上という区分けです。

調理できるものや燻製時間などいろいろ違いがあるようですが、熱燻が一番初心者向きっぽい。逆に冷燻は少し難しいようです。

初心者は熱燻か温燻から始めるべし

燻卵やスモークチーズなどができるようです。とりあえずデビュー戦にはちょうどいいのではないでしょうか。

肝心のやり方は?

スモーカーに食材を入れてスモークウッドに火をつけて燻すか、スモークチップを熱して燻すか、それだけです。多分。超簡単ぽいです。

もう少し真面目に話すと、燻製卵を作ると想定して、

まずは下処理。

ゆで卵を茹でて、燻製の味付けの液に一晩くらい漬け込みます。ちなみに液はピックル液っていうみたいです。

ピックル液はクックパッドとかで作り方レシピがいっぱい出ていますよ。

次に乾燥

漬け込んだ卵を取り出してキッチンペーパーなどで水分を拭き取り、燻製用の網とかザルに入れて乾かします。

燻製は水分が表面に残っていると良くないみたいですね。

いよいよ燻製

卵の表面を乾かしていよいよ燻製します。

50〜60度くらいで1時間半くらいでできるみたいです。

この辺は実際にやってみて慣れていくものだと思っています。

最後に風にさらして完成

出来上がり直後は煙臭さがあるようで、一時間ほど風にさらすのが正解のようです。

食器乾燥にも使えるネットがあれば便利だと思いますよ。

ハンギングドライネットなら尾上製作所(oneo)の干しかご35がおすすめ
キャンプでのお皿やコップ、最初は使い捨てのものを使っていましたがキャンプすることが多くなりプラスチック製の容器を購入して使うようにし...

これで出来上がりです。

簡単ですね。

まとめ

燻製というものを自分で作るというイメージがなく全くの初心者ですが、調べてみるとできそうなイメージが湧いてきました。

初心者向けにスモーカーとチップがセットになった物も販売されているのでわかりやすくそれでトライするのもいいかもしれませんね。僕はそうしようと思います。

とりあえず次のキャンプでは燻製にチャレンジして実際に体験談をアップしていきたいと思います。

それではみなさま楽しいキャンプライフを!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする